雑想 2014年7月

      2022/11/06

虚言症 ギター

大好きな椎名林檎のナンバー、《虚言症》のギター演奏映像。

▼【伴奏屋TAB譜】虚言症 椎名林檎 ギター カバー タブ譜あり

音色もプレイも気持ち良し。

この音に合わせて、ぶっ太いプレぺの音をねじ込むように、ねっとりと弾くと、滅茶苦茶気持ち良いのです。

涙ピアノ

松本茜プレイズ、J-POP。

本当はビ・バップな題材をもっと弾いて欲しいんですが、たまには、こういう路線も悪くないよね。

▼収録曲
1. 果てなく続くストーリー(MISIA)
2. 糸(Bank Band)
3. 赤い糸(コブクロ)
4. 心を込めて花束を(サザンオールスターズ)
5. 3月9日(レミオロメン)
6. 誰かの願いが叶うころ(宇多田ヒカル)
7. 涙そうそう(夏川りみ)
8. One more time,One more chance(山崎まさよし)
9. 千の風になって(秋川雅史)
10. 言葉にできない(小田和正)
11. さとうきび畑(森山良子)
12. 瞳をとじて(平井堅)
13. オレンジ(SMAP)
14. ア・イ・シ・テ・ルのサイン~私たちの未来予想図(DREAMS COME TRUE)
15. そばにいるね(青山テルマ)
16. Story(AI)
17. 俺たちの明日(エレファントカシマシ)
18. あなたに逢いたくて~Missing You~(松田聖子)
19. リンダ(竹内まりや)
20. 恋におちて-Fall in love-(小林明子)

created by Rinker
¥990 (2024/04/23 13:12:21時点 Amazon調べ-詳細)

坂本龍一 咽頭がん

咽頭がんの報道には驚きました。

小学生の頃から大好きなミュージシャンなので、早く完治して欲しいと思います。

ところで、この報道のバックで流れていた曲。

昨日、今日とフジテレビを朝つけっぱなしにしていたんですが、「めざましテレビ」では2日連続《エナジー・フロー》。

「とくダネ!」では2日連続《メリークリスマス・ミスター・ローレンス》でしたね。

created by Rinker
¥250 (2024/04/23 13:12:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ミデイ
¥2,590 (2024/04/24 02:57:01時点 Amazon調べ-詳細)

アブラクサス サンタナ

サンタナ世代じゃないので、
サンタナおじさんたちが
サンタナを熱く語れば語るほど
サンタナ聴く気がしなかったんですね。

でも、数年前からちょびちょび聴くようになって、
それも、最近だといい音のCDがいろいろ出ていて、
それで色々聴いてみると、
だんだん良さがわかってきた(・∀・)b

やっぱり、これからの熱い夏には、暑苦しい(?)音楽が最高じゃない?

個人的にはマイルスの「アガ・パン・メイガス」が最高ですが……(・∀・)b

▼収録曲
1. Singing winds
2. Crying beasts
3. Black magic woman/Gypsy Queen
4. Oye como va
5. Incident at Neshabur
6. Se a cabo
7. Mother's daughter
8. Samba pa ti
9. Hope you're feeling better
10. El Nicoya
11. Se a cabo (2) (live)
12. Toussaint l'overture (live)
13. Black magic woman/Gypsy Queen (2) (live)

created by Rinker
Columbia /sony
¥1,667 (2024/04/23 13:12:23時点 Amazon調べ-詳細)

《ウン・ポコ・ローコ》と《クレオパトラの夢》

山中千尋の新譜の新譜『サムシン・ブルー』の《ウン・ポコ・ローコ》を聴いているけど、各アドリブ奏者の演奏は悪くなないんだけれども、どれもがツルッとしていて物足りないんですよね。

もっとも、それはこのアルバムに限ったわけではなく、秋吉敏子やチック・コリアの演奏にしてもそうなんだけれども、バド・パウエル以外の演奏者によるバド・パウエルの楽曲の演奏は、どれもがツルッとしていて、パウエル特有のゴツゴツした感じが皆無。
したがって、パウエルの曲想とパウエルのピアノが一致した演奏を聴いてしまうと、どうにも物足りなさを感じてしまうのだ。

それは、《クレオパトラの夢》も同様で、やはりパウエルの不整脈のようなピアノのメロディラインを味わってしまうと、その後のピアニストたちの演奏が物足りなくなってしまうのだ。

後世の表現者たちの作品を色褪せたものにさせてしまうほどの時限爆弾を仕掛けてしまったバド・パウエルは、なんとも罪作りなアーティストではないか。

記:2014/07/17

レイ・ブラウン モンティ・アレクサンダー ラッセル・マローン

かなり聴きどころの多いトリオ演奏だ。

レイ・ブラウンの暖かくて安定したベースワークは言わずもが。

さらに、トリッキーなピアノを弾くモンティに唖然としたり、ラッセル・マローンの独特なギターの音色に耳が吸い込まれたりと。

とにもかくにも2曲目!

熱演《フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン》を聴いてみて!

▼収録曲
1. Django
2. Fly Me To The Moon
3. Blues For Junior
4. Honeysuckle Rose
5. Compassion
6. Dexter's Deck
7. I Just Can't See For Looking
8. One For Hamp
9. Don't Go
10. Look Who's Here
11. You Can See

created by Rinker
Telarc
¥1,439 (2024/04/23 13:12:24時点 Amazon調べ-詳細)

 - 雑想 雑記