雑想 2015年1月

2022-11-09

元旦 ミルト・ジャクソン・カルテット

2015年。

今年は、『ミルト・ジャクソン・カルテット』のように、一見地味だけど、爽やかで、だけど腰のある粘っこさとコクもある一年にしたいと思っています。

抑制の効いたバネのあるリズムセクションと、奔放な歌心を発揮して、音色もノリも気持ちよすぎるミルトのヴァイブ。

暖かい部屋で、ゆったりとくつろぎながら聴くにはもってこいのアルバムです。

今年も一年、宜しくお願いいたします。

created by Rinker
¥1,743 (2022/12/04 07:24:23時点 Amazon調べ-詳細)

ネイザン・イースト ソロアルバム

ネイザン・イーストといえば、どんなタイプの歌手のバックでもクオリティの高い伴奏をこなすベーシストというイメージでした。

今までも、
エリック・クラプトン、
ジョージ・ハリスン、
マイケル・ジャクソン、
フィル・コリンズ、
ホイットニー・ヒューストン、
ビヨンセ、
スティービー・ワンダー、
レイ・パーカーJr.……

などなど、数えきれないほどのビッグネームのアルバムにベーシストとして参加してきた彼。

趣味よくツボを押さえ、なおかつ決して主役を食わない色気もたたえたセンスの良いベースを弾く人ゆえに、きっと、この人はリーダー作は出さないんだろうな、と思ってたら、出しました。

なんと、ベーシストとしてのキャリア40年経ってからのソロ名義です。

日本盤には、小田和正提供の曲も収録されています(・∀・)b

最大の聴きどころは、スティービー・ワンダーのハーモニカかな。

▼収録曲
1. 101 Eastbound
2. Sir Duke
3. Letter From Home
4. Moondance ft.Michael McDonald
5. I Can Let Go Now ft.Sara Bareilles
6. Daft Funk ft.Byron“Mr. Talkbox"Chambers
7. Sevenate ft.Chuck Loeb
8. Can’t Find My Way Home ft.Eric Clapton
9. Moodswing
10. Overjoyed ft.Stevie Wonder
11. Yesterday (duet with Noah East)
12. Finally Home <小田和正 提供(作曲)日本盤にのみ収録>
13. Madiba ft.David Paich ※「Madiba」はネルソン・マンデラの愛称
14. America the Beautiful ※ アメリカ第二の国歌と言われるスタンダード曲
15. Four On Six ※ジャズファンにはおなじみウェス・モンゴメリーの曲

カセクシス デニー・ザイトリン

ふっふっふ、好きなんだなぁ、ザイトリン。

硬いピアノ。
だけども何故か叙情的。

その二面性がたまらないのです。

また、スタンダードナンバーの解釈もユニークです。

常に、彼にしかできないアプローチで彼しか弾けないピアノを弾いているところが好感。

ジャケットの風貌からも、なにやらお堅い演奏かな?という先入観を持たれるかもしれませんが、そんなことはないですよー。

ピアノは硬いが演奏は堅くない。

むしろ柔軟。

いや硬軟のバランスが巧みというのかな。

ベースはセシル・マクビーだし。

なかなか聴き応えのあるピアノトリオなのです。

▼収録曲
1. リピート
2. アイ~ザウ
3. ストーンヘンジ
4. スーン
5. ニカズ・テンポ
6. カセクシス
7. ラウンド・ミッドナイト
8. おさな子よ、その家に近寄るな
9. ブルー・フェニックス
10. ニカズ・ドリーム <ボーナス・トラック>
11. レクイエム・フォー・リリ <ボーナス・トラック>

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント
¥1,010 (2022/12/04 07:24:24時点 Amazon調べ-詳細)

ベテルギウス 最期

凄いですね。

想像以上に地球にも影響を及ぼすんだ。

セリーヌ・ディオン ライヴ・イン・ラスベガス

プロの実力、底力。

というより、常に第一線のスターであり続けるための
気迫、プロ意識の凄さというものを
まざまざと見せつけてくれます。

メイキング映像を見ると。

▼収録曲
disc1
1. A New Day Has Come
2. The Power Of Love
3. It’s All Coming Back To Me Now
4. Because You Loved Me
5. To Love You More
6. I’m Alive
7. I Drove All Night
8. Seduces Me
9. If I Could
10. Pour que tu m’aimes encore
11. I Surrender
12. Ammore Annascunnuto
13. All The Way
14. I’ve Got The World On A String
15. I Wish
16. Love Can Move Mountains
17. River Deep,Mountain High
18. My Heart Will Go On
19. BONUS FEATURE::ボーナス映像

disc2
1. SPECIAL FEATURE::オール・アクセス
2. BONUS FEATURE::シークレット

created by Rinker
¥4,649 (2022/12/04 07:24:24時点 楽天市場調べ-詳細)

アブセンス メロディ・ガルドー

最初にジャケット見たときは、洋楽ポップスの新譜かな?と思ったんですが、あるいは、ジャズだったらヴィーナスレコードかな?
……とも思ったんですが、メロディ・ガルドーの3作目でした。

個人的には、やはり、ジャズっぽいフレヴァーに満ちているデビューアルバムが好きなのですが、ボサノヴァや、サンバ、タンゴなど南米音楽の要素を取り入れた本作も、上質なBGMとして聴くにはもってこいです。

リズム、アレンジ、楽器変われど、やはり彼女の声は独特な存在感がありますね。

▼収録曲
1. Mira
2. Amalia
3. So Long
4. So We Meet Again My Heartache
5. Lisboa
6. Impossible Love
7. If I Tell You I Love You I’m Lying
8. Goodbye
9. Se Voce Me Ama
10. My Heart Won’t Have It Any Other Way
11. Yemanja

created by Rinker
ユニバーサル
¥2,600 (2022/12/04 07:24:25時点 Amazon調べ-詳細)

雑想 雑記

Posted by