カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

セクシーウルフはゴキゲンななめ

      2016/11/19

Pocket

wolf

「セクシーウルフはゴキゲンななめ」

いや、本当はゴキゲン斜めじゃありません。

たんなる、語呂の良さから書いてみただけ。

なんか、セクシーなんとか、とくると「ゴキゲンななめ」って言葉をつなげたくなりませんか?

「桃色いちごはゴキゲンななめ」とか、「放課後マンデーご機嫌斜め」とか。
……って、なんじゃそりゃ?!(アホ)

ということで、とくに誰も機嫌悪いわけではありません。

昨日も今日も天気よかったからね。
機嫌悪い人は、少なくとも私の周りにはいません。

で、その天気が良かった話なんですけど、先日、天気がよくて、なおかつ時間が空いたので、近所の美容院へ行ったのです。

天気と美容室って、あまり脈絡なさそうですが、うん、たしかに、あまりないな(笑)。

ただ、なんとなくイイ天気で、時間が3時間ほど余ったから、急に美容室へ行きたくなってしまったのです。

行った目的の半分以上が、暇つぶし&世間話だったので、どういう髪型にしたいか、カットなのか、パーマなのかも決めずに突然訪問しました。

予約しか受け付けていないところなのに(笑)。

で、目的も決めていなかったので、「どういうアタマにします?」と聞かれても、何も考えていなかったので「うーん、よくわからんので、貴方の好きにしていいよ、俺のアタマ、実験台にして」と応えました。

そのときの私は本当にそういう心境だったんですが、さすがに担当の人、そういうわけにもいかなかったようで、「オトコのヘアスタイル」みたいな雑誌や本をたくさん持ってきて、「こんなんどうでしょ?」「これも似合いそうですよ?」と、いろいろ、ジャブを放ち、私の反応を見るわけですよ。

で、ヘアスタイルの写真の隣には、かならず、キャッチコピーがついているんですね。

「~をスッキリさせた、クールなビジネススタイル」みたいなね(笑)。

私は、ヘアスタイルの写真はあまり見ずに、キャッチコピーが面白いので、パラパラとページをめくっていました。

すると、気になる言葉が!

「セクシー・ウルフ」(笑)。

おお! セクシーなウルフ(笑)! いいねぇ。

「じゃあ、この写真のような髪型で。俺をセクシーウルフにしてください!」

具体的にいうと、トップのボリュームは残しつつ、襟足、サイドを軽くするヘアスタイルです。

カリアゲとまではいかないけれども、もみ上げとその周辺は、かなり薄くすいてしまい、トップとサイドの段差を二段ぐらい設けるような、横がスッキリなヘアスタイルで、あとは、ワックスでトップの髪を少し立てながら後ろに流すような感じ。

うーん、文字にしても、ぜんぜん実感わきませんよね。

とにもかくにも、ヘアカタログにある、セクシーウルフに近づけた髪形にカット&セットしてもらいました。

で、仕上がりは、というと、バナナ・モンキーでした(笑)。

あまりに、ヘアカタログとはかけはなれすぎている(笑)。
いや、髪形じゃなくて、顔がね(笑)。

それでも、帰宅すると、息子は、「ちちうえ、かっこいー! といって、洗面所にかけこみ、ジュルを髪につけ、髪を立たせ、少しずつ髪の先端をつまみながら、ボリュームを出しながら寝かそうと悪戦苦闘していましたが、なかなか思うようにいかず、スーパーサイヤ人になった悟空のようでした。

親子そろって、サル系です(笑)。

記:2007/05/21(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 雑想 雑記

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。