雑想 2022年10月

2022-11-29

ジャズドラマー スーツを着る理由

なるほど!
たしかにごもっとも!

スーツが似合う男になりたい!
と、思うんだけど、考えていることや、動きがいつまでたっても高校生だし(中学生?)、だいたい作務衣(甚兵衛)に下駄というユルユルな格好が好きな私には永遠に無理なことなのかもしれない……。

サポートセンター 空条承太郎

うーむ、最高につまらない(涙)。

承太郎とDIO

つまらなすぎて、逆にだんだん面白くなってくる不思議さよ(涙)。

ジョン・ジェンキンス・ウィズ・ケニー・バレル

ブルーノート1573番。
ジョン・ジェンキンス唯一のブルーノートでのリーダー作でもある。

これがまた、いい音源なんだな~。

一言、音色がおいしいアルバムだ。

この音色のおいしさとは、ジェンキンスのアルトにケニー・バレルのギターがからんだときの音色のなんともいえないコクと、蒼いニュアンス。

マクリーン好きも、これを聴いたら病みつきになること間違いない。

ジェンキンスのエッジ鋭いが微妙にコクが物足りないアルトサックスを、見事にケニー・バレルのギターが縁取って、ほくほくと美味しいサウンドを作り出している。

たしかに、ジェンキンスのアルトサックスは聴く者を魅了する要素がたっぷりとあるのだが、きっとワンホーンで、アルバム1枚通していたら、退屈する内容になっていた可能性大。

ケニー・バレルが参加したからこそ、より一層、ジェンキンスというアルト奏者の良さが浮き立った名盤ともいえるかもしれない。

残念ながら、ジェンキンスは、このアルバムのレコーディングを最後にシーンからは身を引いてしまう。

そういった意味でも、貴重なアルバム。

終わった人 内館牧子

内館牧子・著『終わった人』を何の気なしに読み始めたら、これがまた予想以上に面白い。

ページをめくる手がどんどん早くなり、すぐに読み終えてしまった。

なぜ面白いのか考えてみると、いくつになっても変わらぬ男の(女からしてみればつまらぬ)見栄やプライド、ある種のみっともなさ(それが人間らしくて良いとは思うのだが)が、リアルに描かれていたからだと思う。

仕事、キャリアなど、主人公とはまったくといってよいほど重なる部分のない私であるが、根っこの部分にある「男ってやつ」は共通したものを感じ、共感すると同時に「やがて悲しき男かな」な気分にもさせてくれる内容だった。

created by Rinker
¥1,034 (2022/12/06 00:37:05時点 楽天市場調べ-詳細)

KORG クリップ式チューナー

先日購入したKORGのクリップ式チューナー(黒ではなく白を選んでみた)が、なかなか良い感じ。

クリップ式チューナーというのは、ギターやベースのヘッドにクリップではさんでそこから音程を測ってくれる便利ツールのことですね。

昔は、チューナーとベース本体にシールド差し込んでチューニングしていたものだけれど、その手間が省けて便利な時代になったものです。

以前まで使用していたクリップ式チューナーは、今回の新しく買ったKORGのチューターより2周りほど小さく、メルカリでかなり安い値段で購入したものなんだけど、精度といいディスプレイといい、なにか今一つだったんだけれども、今回のKORGのチューナーは、ちょっと大きいかな?と最初は感じたものだが、これくらいの大きさのほうが良い感じ。

それに、チューニングがピタッとと合うと、3つの目盛りのようなものが光ってくれるので、「お~チューニングがど真ん中に合ったぜ!」という喜びもある。

おまけに安いし、良いことづくめのチューナーなのであります。

エントリーグレード ストライクガンダム

いやぁ~作りやすい。
ガンプラ、エントリーグレード。

簡易包装で安いのも魅力ですな。

パーツはたったのこれだけ。

で、色分けも完璧。

今回は(も)スポンジぽんぽん塗装で作ってみましたが、あっという間に完成。

かっちょえぇです。

けっこういろいろなポーズをとれます。

武器はナイフ2本のみ。

シンプルでいいですね。
それでコストも落ち⇒安い!

ちょい猫背気味な姿もカッコいいですね。

タミヤのアクリル塗料を、おそらく各色5~10回はスポンジぽんぽんで塗り重ねています。

最初はラフに色を置いていくので、すごく汚くなるんですが、それを少しずつ色を乗せて綺麗にしていく感じです。

なんだか角度によってはエクシアにも似たシルエットかも。

ピンぼけ気味。

後ろ姿もカッコいい。

これはなかなか楽しめるキットですわい。

YouTube ハンドル

YouTube(Gootle)から、YouTubeハンドルを登録しませんか?というメールがきた。

YouTubeハンドルとは、

視聴者がクリエイターを見つけてつながる新しい方法です。チャンネル名とは異なり、ハンドルは各クリエイターに固有のものであるため、今までよりも簡単に YouTube 上で独自の存在感を確立できるようになります。

とのことだ。

メリットとしては、
・ショート動画にハンドルを表示
・YouTube で見つけてもらいやすくなる
・自分に固有の名前で識別してもらえる
・動画内でタグ付けしてもらえる
・YouTube コミュニティで他のユーザーとつながる
などがあるそうなのだが、正直、そんなに凄いメリットなのかはよく分からないのだけれども、せっかくだから登録してみようと思い、さすがに「@jazz」は先着がいるようでダメだったが、「@jazzjazz」と打ってみたら、まだ未登録。

ためしに「マンダラメーカー」で「@jazzjazz」を診断してみると、「憩・女・幸・智」というなんだか良さげな(?)漢字が出てきたので、まあいいかということで「@jazzjazz」で登録してみた。

登録してみたものの、すぐには反映されないようで、表示されるようになるのは「年内には」とのことだ。

まあ気長に待つとしますか。

納豆を毎日食べた人の末路

「末路」というからには、マイナスなイメージを抱くのが普通だと思うんだけど(私だけ?)、やはり、というか、納豆は超滅茶苦茶スゴすぎるという内容の「まとめ」動画。

納豆は、毎日食べているというわけではないけれども、2日に1回くらいのペースで食べてますね。

納豆キナーゼなど、納豆の健康食品っぷりは昔から知ってはいたけど、私がしょっちゅう食べている理由は、健康云々というよりも、単に納豆が好きだから。

この動画で初めて知ったこと、なるほどトライしてみようかなと思った個人的新情報は、「サバ缶納豆」。

簡単お手軽面白そうですね。

あと、「アボカド納豆」も同様。

世界一栄養価の高い果物としてギネス認定されているそうです、アボカドは。

リチャード・ボナ 解説動画

ボナ、改めてすっげぇ~!

▼Richard Bonaの、その突き抜けた才能を脳の働きの観点から深掘りします♪

マッドピエロ ベースライン

なんとまあ、かくも複雑なベースラインを指先で再現するとは!

これもまた凄し!

まじ惚れた!!(笑)

雑想 雑記

Posted by