リベット強調、タミヤの1/35 クロムウェル巡航戦車制作記

あっという間に出来ました

ボカージュでヴィットマンにやられまくった戦車という印象しかないクロムウェル巡航戦車を作ってみました。

まずは、箱。

箱の中は、こんな感じ。

パーツ類を並べてみました。

デカールです。

で、気が付けば一気に完成。

改造なしの説明書の指定通りに組み立てて、
黒とマホガニーのスプレーを吹いて下地作りをして、
あとは、タミヤアクリルの緑系の色を数種類塗って基本塗装。

あとは、いつものように溶剤で薄めた油彩をモールドに流し込んで、ハケでしゅばしゅば表面を均(なら)して、完成!

あっという間ね。

砲塔のデカいリベットが特徴的な戦車です。

濃い影になりそうなところは、バーントアンバーにごくごく微量のフィルタリキッドブルー(ウェザリングカラー)を混ぜて流し込んでいます。

仕上げは、アイボリーホワイトで軽くドライブラシ。

ちょっと白が強すぎたかもしれません。

どうも、リベットの立体感を出すことばかり考えていたようです。

履帯とクリスティ式の転輪は、瞬着でがっしりと固定。

接着した後は、間にティッシュを詰めて、半日ほどしっかりと乾かします。
そうしないと、転輪から履帯が浮いた箇所が出てきてみっともないんですよ。

フィギュアは、サーフェイサーを吹いた後、薄めたアクリル塗料を流し込むように何度か重ね塗りをしていき、あとは黒でスミ入れ、白でドライブラシをしただけです。

作ってみると、なかなか無骨でカッコいい戦車だということが分かりました。
ヴィットマンにボカボカとやられたのは、不運としかいいようがありませんね。

砲塔のリベットが強調された仕上がりになって良かったです。

作った動機の80%以上が、「リベット浮き浮きさせたい」だったので。

作るのラクちん、塗るのも楽し。

そんなキットでした。
タミヤのクロムウェルは。

記:2021/09/21

模型

Posted by