模型

わりと古いキット

タミヤのマチルダ歩兵戦車を作ってみました。

このキット、けっこう古い商品のようで番号を見ると、ミリタリーミニチュアシリーズNo.24となっている。

なので、アマゾンで検索してみても出てこないんで ...

模型

動画もアップしています。

泥汚れが似合う戦車

中学生の時から作ってみたいと思っていたパットン戦車をようやく作りました。

懐かしの箱。

箱の中はこんな感じ。

パーツを並べてみました。 ...

模型

動画もアップしています。

青っぽいジャーマングレー

ジャーマングレーというと、個人的には「グレーの塗料の中では濃いめの色」という認識でした。

しかし、実際のドイツ軍が使用していたジャーマングレーって、青みがかった ...

模型

動画もアップしています。

汚しにメリハリ

「情報量」という言葉に惑わされて、作ったプラモには満遍なく汚しをかけていた私。

たしかに情報量が多い方がリアルに感じることは事実ですが、だからといって、隅から隅まで汚れて ...

模型

動画もアップしています。

まずは履帯塗装から!

1年ちょっと前にタミヤのスターリン3型を作りました。

その時は、オーソドックスに水溶きアクリル筆塗りで緑っぽい色で仕上げたのですが、最近は「実際にない色で戦車を塗る ...

模型

今度は水色

先日作ったピンクのパンサー中戦車に引き続き、今度は水色のチャレンジャーを作ってみました。

なんだか最近パステルカラーづいているような気がします。

絶対にありえないカラー(原色など)で塗装し、それを汚し ...

模型

ももいろピンク

ピンク・パンサー。

ただその一言を言いたいがためにドイツのパンサー戦車を作ってみました。

動画もアップしています。

まずは、タミヤのキットの箱。

清く正しく「タミヤ100% ...

模型

※画像をまとめた動画もアップしています。

色の実験しやすい戦車

以前作ったことがあるT-34のミッキーマウス砲塔バージョン、再度作ってみました。

今回は「明るい色」がテーマです。

前回作ったときは、グ ...

模型

ヴェスぺのパーツ

タミヤのヴェスぺを作ってみました。

ジャーマングレー地にダークグリーンの迷彩が、なかなかカッコいいと感じたので、今回はパッケージのイラストを参考に迷彩塗装にトライしてみました。

箱です。 ...

模型

建機のような兵器

ニッポン戦車、そういえば作ったことがないので作ってみます。

97式中戦車の砲塔が大きなバージョンですね。

箱絵は勇ましく、シャーマンをやっつけています。

実際、このようなシーンはあっ ...

模型

車高低くてカッコ良い

タミヤの1/35ラングを作りました。

Ⅳ号戦車の車体を改造した「待ち伏せ砲」ですね。
駆逐戦車とか、突撃砲というと、なんか砲弾の中をくぐりぬけて、勇猛に突進していくようなイメージをどうしても思い ...

模型

画像をまとめた動画もアップしています。

夕焼け大好き、次は赤!

またもやKV。

どれだけソビエト戦車のKVシリーズが好きやねんって感じですが、今回は、KV-IIを夕日に染まる真っ赤な巨人なイメージで作ってみました ...

模型

動画もアップしています。

紫色も悪くない

またまたタミヤのKV-Iを作りました。

これで何個目だろう?

少し前に水色のKV-Iを作ったばかりだというのに。

水色のKV-Iを作っているうちに ...

模型

ボリューミーでカッコいい

MAXファクトリーのブロックヘッドを作りました。

動画もアップしています。

作ったキットはエックスネブラ対応型のほうですね。

1/72スケールです。

ま、赤白カラ ...

模型

黄色いチャーチルにしてみます

久々にチャーチル・クロコダイルを作りました。

懐かしいボックスアート。

中学生の時に作ったのですが、当時は1500円。

小遣い的というか、当時の経済感覚的には、千円以上の ...

ガンプラ

動画もアップしています。

コスパ高しなファーストグレード

またまたFG(ファーストグレード)ザク!

なにしろ300円前後という安さと、現代風のスリムなプロポーション。
とはいえ、古き良きオリジナルのザクの ...

模型

動画もアップしています。

古いキット

そういえば、ドイツのIII号戦車を作ったことがなかったので、おしいれの奥からタミヤの古いキットを引っ張りだして作ってみました。

模型店のAFVコーナーでよく見かけた味わい深い ...

模型

画像をまとめた動画もアップしています。

ブルー・モンク

セロニアス・モンクの代表曲、《ブルー・モンク》というブルースが好きなんですが、そんな私が風呂に入りながら、ふと思いついた言葉が、脈絡もなく《ブルー・ヨーク》。