大都会 闘いの日々

大都会 PARTIのDVDを観ました。

西部警察しか知らない自分としては(たぶん子供の頃にも観た記憶があるんだけども、地味なのでスルーしていたんだと思う)、ドッカーン!な派手なアクションものに移行する前の、このような地味ぃ~な作品が非常に新鮮で、むしろ、倉本聰による脚本が丹念にあぶりだす、刑事、犯人、ヤクザ、新聞記者の人間模様が、大人の私としては面白い。

片目の犯人役で登場する松田優作はあいかわらず凄味があるし、黒岩(渡哲也)の妹役で、「お兄ちゃん、お兄ちゃん、大好き!」な仁科明子は、メイクやファッションを今風にすれば、AKBの大島優子に似ていることに気が付いた(笑)。

にしても渡哲也も石原裕次郎も若い!
ま、石原裕次郎の場合は『太陽にほえろ!』のボスの頃のイメージが強いので、私の中のイメージはそのままといえばそのままなんだけど。

記:2012/08/29

ドラマ

Posted by