うなだれジム/MG 1/100 RGM-79 ジム

2018-02-20

このジムは、以前ヤフオクに出品されていた完成品を購入したものです。

たしか、1000円ぐらいで落札したような記憶が。

無塗装・素組みで完成した本体にデカールを貼った上から、つや消しのトップコートを吹くだけで、こうも、プラスチック特有のテカテカした感じがなくなり、質感も上がるものなのかと驚いた記憶があります。

とはいえ、つや消しのトップコート、全体に万遍なく吹き付けられてはいるのですが、やっぱり、スプレーが乗っかっている箇所と、スプレーの「霧」が届かない箇所との質感のギャップが物凄いですね。

たとえば、スカートで隠れているモモの部分など。

スカートをぺロッとめくると、まったく違う色のプラ地が出てくる。

ま、これは仕方ないことなのですが、この作品を見ながら、やっぱり塗装は見えない場所や隠れる箇所も満遍なく塗るべきだな~と考えるようになりました。

関連記事:プラモは塗りながら作っている

それにしても、ジムのこの角度とこのポーズ、なんか平社員が、部長や課長などの上司の席の前で説教くらってうなだれているように見えます(笑)。

肩を落としているところも、情けなさに拍車をかけています。

これはこれで、ジムらしくて、いい感じ♪

記:2014/12/16

関連記事

>>ジムの腕にビームサーベルがグサッ!
>>ジム(機動戦士ガンダムサンダーボルトver.)制作レビュー
>>HGUC ジム サンダーボルト 制作記