坂本龍一のドラム~立花ハジメの《H》のドラム

2021-11-12

sakamotodr

『H』のドラム

早いもので発表されてから19年も経ってしまった立花ハジメの『H』だが、いつ聴いても新鮮なサウンドは、時代とは無関係に常に「センスのいい音楽」だと思う。

「センスのいい音楽」というよりは、「センスだけで作った音楽」とでも言うべきか。

個人的に好きなナンバーはタイトル曲の《H》。

これ、坂本龍一がドラムを叩いているんだよね。

ちょっと突っ込み気味のタイトなドラミングは、しばらく鈴木さえ子が叩いているものだと思っていた。

YMOの『ウインター・ライブ』の《CUE》でもドラムを叩いていた教授だが、この時のドラミングは、何となくまったりとして締まりのない感じだったのに対して、《H》のドラムは勢いがあってとても良い。

クレジットを見ると、 “drrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr… drum" と表記されているが、この"dr-dr-“の部分が何ともうまい具合に彼のドラムの「気分」をあらわしているような気がする。

もっとも「dr」は「教授」に引っかけているのかもしれないが……。

記:2004/01/05

H
created by Rinker
¥2,100 (2022/08/10 02:54:56時点 Amazon調べ-詳細)

追記

動画にいただいた「くまが集う喫茶店」さんからのコメント。

立花ハジメさんの『H』は
本当に面白い音楽で
僕の長い長い付き合いの
愛聴盤です。

当初は高橋幸宏さんが
ドラムを叩いたらしいん
ですけど、立花さんが

『僕のイメージは
もうちょっと下手ウマな
ドラムなんだよねえ』

と鈴木さえ子さんに
チェンジしたんだとか。
(ㆁωㆁ*)

こちら

流暢なのが鈴木さえ子で、
ちょっと詰まった感じの曲が教授ですね。

特に《H》の詰まりっぷり(?)はタマランです。

記:2021/11/12

音楽

Posted by