エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える

涼宮ハルヒの『エンドレスエイト』は、実験的とか、クリエイターのエゴが暴走というような文脈で語られているのが一般的だし、本書も、そのようなムードが前提として論がすすめられている。


エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える

でも、個人的には、全話、退屈せずに面白く観れたんだよね。

なにせ、ハードバップ好きなジャズ聴きですから。

大筋は分かった上で、微妙な差異を楽しめる感性。

これぞ、ハードバップ好きならではの嗜好。
落語好きにも通ずる感性かもしれないけど。

もちろん、「あの8話(∞話)」をかくも分厚い分量の書籍にしておきながらも、まったく退屈することなく、最後まで引き付けて読ませてしまう力量もたいしたもの。

一読してみて。

装丁もわりかし好きです。

記:2019/03/20

Posted by