前向きテキトー諭

適当というと、いい加減というニュアンスが強い。

ネガティヴにとらえると。

そして、どちらかというと、このようなネガティヴなニュアンスで使われていることが多い。

しかし、目の前のシチュエーションに最適なものの考え方、優先順位がはっきりとしているという意味もあるんだよね。

何も起きていないところで「ああなったらどうしよう」「こういうことになったらどうしよう」と不安におびえるよりも、困った事態がやってきたときに、はじめて「その時困ろう」という発想。

「備えあれば憂いなし」とは言うけれど、うん、備えは大事。

しかし「憂い」は、それほど大事じゃないような気がする。

きっと、そういう発想が「適当」なのだ。

うん、そうだ、前向きに解釈して、今後もテキトーに生きていこう。

というか、自分がテキトーであることの言い訳です。

もう今から正確直せ、性質直せといわれても無理なので。

そういえば、高田純次が『適当論』という本が昔出していましたな。

記:2020/03/09

雑想 雑記

Posted by