HGCE ソード無しソードインパルスガンダム制作記

ヤフオクで格安購入

HGソードインパルスガンダムを作りました。

先日ヤフオクで「欠品あり」のガンプラキットとして格安で落札したものです。

届いたキットを開けてパーツをチェックしてみると、パーツが数点ランナーから切り取られている。

背中に背負っている2本の刀(ソード)と、それらをバックパックに接続するパーツのみがありませんでした。

おそらく、「パーツ取り」のために購入されたキットなのでしょう。
そして、出品主の方が欲しかったパーツが刀で、残りの本体は不要ということで、格安で出品されていたんだなと分かりました。

ほとんどタダ同然のお値段だったし、機体本体そのもののパーツは温存されているので、ガンダム本体が作れればいいやと思い、さくっと組み立ててみました。

素組み

そして組み立て、あっという間に完成。

白と赤と黄色。

うーむ、派手ですな。
昔のオモチャっぽくて、これはこれで味わいがありますね。

後ろ姿。

ソードインパルスガンダムのイメージを払拭し、あくまでメインの武装はビームライフルのように見えるシンプル塗装でいきたいと思います。

下塗り

下塗りは、いつものように、サーフェイサーの黒、サーフェイサーのマホガニー、艦底色を準に吹き付けました。

最近は、艦底色を最後に吹き付けることが多いけれど、そろそろ飽きてきたかも。
ま、あくまで、その後に塗る塗料の食いつきをよくすることが目的なので、下地は暗めの色だったら何色でもいいんだけど。

塗装

今回の塗装は、設定通りの色に塗ってしまうと、武装の貧弱さが際立ってしまうので、まったく別の色で塗ります。

別世界の別ガンダムということで。

で、今回意識したのは、ジムの寒冷地タイプ。

白とグレーのシンプル塗装が、なかなか渋くてカッコいいのです。

以前作った寒冷地ジムが作っていて楽しかったので、もう一度、あのカラーリングで塗ってみたいと思ったことも大きいです。

白、ニュートラルグレーをメインにタミヤアクリルでスポンジぽんぽん塗装をしました。

完成

クレオスのウェザリング塗料でフィルタリングをして、ソードインパルスガンダムが完成しました。

後ろ姿。

刀がないと、やっぱりちょっと寂しいですね。

コアスプレンダーは白をスポンジで乗せて、乾いたらスミ入れをしただけというお手軽塗装です。

パーツ数少なく、あっという間に作れてしまうお手軽キットでした。

記:2020/01/02

関連記事

>>寒冷地ジムをアクリル筆塗り塗装

ガンプラ

Posted by