カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

【三文日記】2008年8月

      2017/05/26

Pocket

8/1(fri)

終日渋谷。

翌日の胃がん検診に備え、早めに帰宅、早めに晩飯、早めに就寝。

それにしても、近所の弁当屋の「ささみチーズ弁当」はマズかったなぁ、フライとご飯のバランスが悪く、具も少なく、おまけに冷めていたので、おもわず冷蔵庫の中に眠っていた沖縄土産のチリソースをかけたら、ささみチーズフライがアイスのように冷たくなってしまい、うひゃぁ、マズさにいっそう拍車がかかっちまったぞ!。

8/2(sat)

胃がん検診。

「いーぐる」にて連続講演・エリントニアン特集に出席。

帰宅後、女房と息子で、なぜだか『007 私を愛したスパイ』を観る。

8/3(sun)

終日、自宅でゴロゴロと。

女房はオーケストラの本番らしく1日中家を空けていたので、息子と一緒に遊んだり、Tシャツの買い物に出かけたり。

久々に市川準・監督、池脇千鶴・主演の『大阪物語』を観たら、9年前に初めて観たときよりも、グッと迫ってくるものがあった。



sponsored link



8/4(mon)

近所の病院で健康診断、身長がまた微妙に伸びていた。

三軒茶屋、渋谷、夜は大雨だというので夜は早めに帰宅。

内方恵一郎『5×5マスで夢が叶う! 倍速実現マップ』読了。

8/5(tue)

夕方から深夜にかけて四谷「いーぐる」にて、某編プロ社長、某出版社編集長、某ラジオ局プロデューサーと密談・謀(ハカリゴト)。

タクシーで渋谷に戻り、仕事場の床で寝る。

株式会社レッカ社・編著『ガンダムMS列伝』読了。

8/6(wed)

朝、久々に通勤満員電車に乗り、一旦帰宅。

シャワーを浴びて、着替えて、蕎麦喰って、再び渋谷。

勝間和代『勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力』読了。

8/7(thu)

息子を連れ、渋谷。

じゃんがらラーメン→明治神宮お参り(周囲の参拝者の話す言語のほとんどがハングル語か中国語なことに驚き)→代々木公園散策→NHK見学→かき氷→樋口健夫氏打ち合わせ、と引っ張り回すも、息子はその合間を縫って、持参した本5冊(ポプラ社の江戸川乱歩とルパンのシリーズ)を読了していたので感心。

佳川奈未『成功感性』読了。

8/8(fri)

終日渋谷。

近所の弁当屋の日替わり魚弁当・タコのイタリア風トマト煮の不味いこと。

息子、冷房にあたり過ぎてここ数日、夜中に苦しそうな咳。

8/9(sat)

知り合いのそのまた知り合いが小規模なセミナーを急きょ開くことになったので、お付き合い、かつ、将来的に自分が行う際の会場規模やセミナー内容の視察も兼ねて、八丁堀。

後、渋谷。

西村克己『戦略的な人の超速☆思考術』読了。

8/10(sun)

終日渋谷。

ワーグナーとチャイコフスキーを大音量でかけっぱなしの1日。

岡田斗司夫『脱デブ』読了。

8/11(mon)

終日渋谷。

オフィスのバイオの調子が悪いので、悪代官プログラマーにみてもらう。

寿司食い放題60カンでやめておく。

8/12(tue)

終日渋谷。

ビックカメラへ行き、インディラで昼飯。

小林よりのり『沖縄論』読了。

8/13(wed)

世間はもう休みモードなのか、電車が空いていたので、オーケストラの子から返ってきたウッドベースをシゴト場に運ぶ。

1988年のカラヤンとベルリン・フィルハーモニーによるニュー・イヤー・イヴ・コンサートなど、プロコフィエフやチャイコフスキーなど、ロシアの作曲家の作品の演奏を一日中流しっぱなしでノリノリ、気分良し。

昼飯は「風龍」で豚骨ラーメン3玉、晩飯は自宅でナポリタン3皿。

8/14(thu)

朝5時に渋谷、午前9時にいったん自宅に戻り、さらに木場にヤボ用、再び昼過ぎに渋谷に戻る。

外の蝉の鳴き声に混じり、ワーグナー(オペラや歌劇もの)と、バッハ(無伴奏バイオリン、無伴奏チェロ、オルガンソロなど)が心に染みる、静かな午後のひととき。

上条詩郎『投資リッチの告白』読了。

8/15(fri)

終日渋谷。

本日はモーツアルトのピアノ協奏曲を中心に、たまにウッドベースを弾いたり、と。

春山昇華『サブプライム問題とは何か』読了。

8/16(sat)

息子を連れて、四谷に行き「いーぐる」にて納涼持ち寄り大会に参加。

息子はパット・メセニーの『シークレット・ストーリー』より《フェイシング・ウェスト》(爽やか!)、私はデヴィッド・マレイの『チルドレン』より《デヴィッド・ミンガス》(グジョグジョ!)をかけた。

打ち上げ、2次会、3次回に参加し気がつくと終電を逃していたが、息子も愉快なジャズおじさん(?)たちに、いじられ、からまれ、可愛がられていたので、楽しそう、良い経験んいなったと思う。

ChildrenChildren

8/17(sun)

翌日からの旅行の準備。

物資と本の買出し、旅券の手配など。

昼蕎麦、夜パスタ。

8/18(mon)

息子を連れた放浪旅行の初日。

水沢江刺にて祖母を見舞い、盛岡で名物古着店で靴とシャツを物色、田沢湖駅でトンボを追いかけ、大曲で地元ならではの辛子地鶏パンを食べ、秋田で蕎麦、酒田に流れ着き宿を取り、地元の居酒屋で鮭の鉄板焼きの晩飯。

水野敬也『雨の日も、晴れ男』、群ようこ『かもめ食堂』、爆笑問題『爆笑問題の「文学のススメ」』読了。

8/19(tue)

朝イチに酒田を立ち、村上、新潟で蕎麦を喰い、越後線の吉田、柏崎で昨日の雨の影響で足止めを喰ったので、和菓子屋の多い駅前商店街で饅頭を喰い、書店で旅本を補充し、鉛色の日本海を見つつ気がつくと直江津、さらに西に向かい、富山で蕎麦を喰い、金沢に腰を落ち着ける。

地元の常連しか入らないような店構えの小さな小料理屋で呑み、息子その店のママに気にいられて選別をもらったりでご機嫌。

岩波貴士『人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳』、ナムコ・ナンジャタウン「あなたの隣の怖い話コンテスト」事務局・編『世にも怪奇な平成耳袋』、松久淳+田中渉『天国の本屋』読了。

8/20(wed)

朝イチに金沢を立ち、福井、敦賀、若狭湾と並行して走る小浜線で日本海を辿ろうと思うも、本数と時間の関係で、湖西線でいったん京都に下り(本来は“上り”という言葉を使うべきなのだろうが)、京都より山陰本線、園部、福知山、豊岡を経て、鳥取。
暗くなる前に鳥取に着いたので急ぎタクシーに滑り込み砂丘へ直行、予想以上に巨大な丘陵に登り暗黒日本海の絶景に背筋ブルブルさせた後、雨に追いかけられるようにして倉吉、雨ドシャ降り米子、米子の食べ物屋、飲み屋はほとんど閉店していたため、仕方なく「笑笑」で遅い晩飯。

星新一『ふしぎな夢』、江國香織『号泣する準備はできていた』読了。

8/21(thu)

朝イチに米子を立ち、ゲゲゲの鬼太郎の街・境港の「しげるロード」を訪れ、後に出雲大社をお参り、その後、出雲蕎麦、本州を縦に下り、山に囲まれた町・新実を経て岡山で移動をストップ。

岡山地鶏が美味いと評判の鉄板焼き屋にて遅い晩飯。

重松 清『ナイフ』読了。

SANYO DIGITAL CAMERA

8/22(fri)

岡山より大阪、千日前に寄り、たこやきと、NGK劇場(なんばグランド花月)にて、息子、吉本グッズの買い物。

名古屋に行き、味噌煮込みうどんとひつまぶし、夕方帰路に着く。

八幡和郎 監修『戦国武将の通知表』、川島和正『楽して成功できる非常識な勉強法』読了。

8/23(sat)

終日渋谷。

少々肌寒く、夕刻より雨。

手島龍一『ウルトラ・ダラー』読了。

8/24(sun)

終日渋谷。

ビッグマックが200円のセールをやっていたので、久々にマクドナルドで昼飯。

中村天風『君に成功を贈る』読了。

8/25(mon)

終日渋谷。

朝一番にワーグナー、ついでモーツアルトをかけてやる気モードを引き出すのが習慣となりつつある今日この頃。

中学のときの同級生が末期がんだという知らせがありショック受ける。

8/26(tue)

終日渋谷。

午前中は、久々に会うNLPマスタープラクティショナーと打ち合わせ。

夕方、樋口健夫氏と打ち合わせ後、原宿餃子楼で呑み。

8/27(wed)

腹痛をうったえる息子を病院に連れていき診察してもらう。

近所の美容室で髪をセット。

四谷のバーで撮影、後、「いーぐる」でコーヒー。

8/28(thu)

昨日の息子の病院での治療は、治療というよりは、目の前の患者を見ず、手元の辞書と睨めっというに等しく、終始息子に与える薬はどれにしようかと薬辞典に首っ引きな診察ともいえ、いうなれば成績は優秀かもしれない生徒が、診察というよりは、与えられた問題を解くといった感じの対応だったので、案の定、与えられた薬を飲んでもいっこうに息子の調子よくならず、本日は、子供専門の内科に連れてゆき、診療してもらう。

夕方、半蔵門のTFMに赴き、プロデューサーとディレクターとで新番組の打ち合わせ。

打ち合わせ終了後、渋谷へ移動。

utiawaseelepi

8/29(fri)

終日渋谷。

昨晩、某誌の対談以来と、某誌のエッセイ執筆依頼があったので、とりあえずエッセイのほうを書きあげてしまう。

息子の体調は一進一退、本日は女房が小児科に連れてゆき診察してもらう。

8/30(sat)

矢野顕子の《デヴィッド》を発作的に聴きたくなるも、家にCDがなかったことに気づき、慌ててブックオフへ行き『峠のわが家』がなかったので『the very best of 矢野顕子』のほうを買う。

息子、体調が快方へ向かいつつあるので音楽教室へ行かせ、さらに午後は四谷「いーぐる」で行われた連続講演「デクスター・ゴードン特集」にも連れてゆく。

講演後の打ち上げのみ軽く参加し帰宅、あとは、ひたすらメール出しと返信。

8/31(sun)

午前中から午後にかけて、メールの応酬で新番組の打ち合わせ。

息子は腹の痛みをまぎらわすために、1日中、折り紙で飛行機作り。

息子の枕もとで、インドの聖者『ババジ伝』を読んであげる。

 - 三文日記

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。