カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ローラ「ビジンな私は努力している」TBCの広告

      2017/05/23

Pocket

インパクト抜群!ローラのTBC広告

エステの大手TBCのイメージキャラクターがローラになっていました。

これがその宣伝の電光看板です。

新宿の西口地下広場にて。

「ビジンな私は努力している」。

なかなかインパクトのあるビジュアルとキャッチコピーです。



sponsored link



努力するローラ

以前、何かの番組でローラの一日を追いかける特集を見たことがあるのですが、彼女はほんとに努力をしています。

仕事はもちろん、プライベートでは料理を作ったり、ボクシング(キックボクシングだったかもしれません)ジムに通って身体をそうとうハードに鍛えていました。

そう、美しくなるためには努力が必要なのです。

ローラのような美しい人でも、その美しさに磨きをかけるための努力をしているのです。

もちろん彼女は美人ですが、美人という「状態」は決して天から降ってくるものではありません。
努力して獲得するものです。

ビジンは、先天的な要素ももちろん大きいかもしれませんが、しかしこれを維持するためには、やはり並々ならぬ努力が必要です。

最初から美人で生まれたラッキーな人でも、努力を怠れば、普通の一般大衆的なルックスに堕してしまうことでしょう。

だからこそ、美しさを維持し続ける努力をする必要があるのです。

それを怠って、美人と言う「結果」だけを無いモノねだりをしても決して美しくなれません。

デブは犯罪である

努力なしに対価を求めるなんてムシが良すぎです。

欲しいものを「欲しい欲しい」と連呼して、何もしない人はそれに気づいているのでしょうか?

さらにもっと言ってしまえば、「デブ」は犯罪です。
いや失礼、言い過ぎました。

「お笑い」や「相撲」、あるいは「力仕事」など、その体型で人々や社会に貢献している人もいるので、そういう人は間違いなく立派な人です。

しかし、ただ汚く食べ物を食い散らかし、電車では2座席分のスペースを取り、部屋の温度を2度以上上げるようなデブは罪です。

いや、罪は言い過ぎですが、公害です。

努力をしないで、入れることばかりを考えている。

このような人は本当、考え直したほうが良いと思いますよ。
自分が周囲に及ぼす悪影響を。

何もしないで愚痴だけこぼすな

努力をしない人に、良い結果は決して得られません。

だからといって、もちろん無理してエステに行く必要はないです。

仮にエステに行かないにしても、男は筋トレ、女も筋トレをすれば良いのです。
一日の中に、このようなことをスケジュールに組み込めば良いのです。

目的はモテるためではありません。
もちろんモテることが目的でも良いのですが、それ以前の段階の目的があるはずでしょう?

「みっともない体型にならない」という目的が。

見えないところで自分を鍛える努力をしている人は、仕事も遊びも恋愛も充実している事は言うまでもありません。

何も努力をしないで、欲しいものだけぶーぶー言い放ち、欲しいモノが得られないからと、またまたブヒブヒと愚痴をこぼす人にならないよう、気を付けましょう!

私も気を付けます。

記:2017/01/12

関連記事

>>なぜベトナム人は痩せているのか/森由香子



 - 雑想 雑記 , ,