カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

宝くじと&ロトで、総額数億円当てた人が実践していたことはじつにシンプルだった

      2017/11/05

Pocket

先延ばしが心の中に「債務」を作ってしまう

今は払えるお金がないけど、未来の自分が払ってくれるだろうという期待。

これがいわば、クレジットカードを使うときの私の心理ですね。

日々のこまごまとして雑事も「今日はやる気がしないけど、今日やる分は明日の(未来の)自分がきっとやってくれるだろう」とばかりに未来の自分に期待してしまいがちな自分がいます。

つまり、「先延ばしの心理」。

今の自分よりも、未来の自分のほうがグッドだろうという期待もあったりしますが、その保障はありません。

半年後は事故で片足になっているかもしれないし、健康を損ねているかもしれません。

だから、過度に未来の自分に期待しすぎないことが肝要。
未来の自分は、別な用件で忙しいハズなんです。

今日やるべきことは、今日にやってしまう。

これこそが、気持的な「債務」を抱えずに済む、もっともシンプルで、もっとも単純で、もっとも難しいことでもあるのです。



スポンサーリンク


今日やることは今日やる

「あたり前のことをあたり前にやれ」

このお父さんの教えを、40年以上も愚直に守り続けた結果、急にものすごく運がつきだして、ロト6や宝くじで総額にして数億円を当てている人に以前お会いしたことがあります。

わざわざ岐阜のお宅までお邪魔させていただきました。
駅前にわざわざレクサスでお迎えにきていただき恐縮でした。

お金持ちだからベンツだと思ったのですが、まだこのエリアは「トヨタ文化圏」なのだそうで。
トヨタ文化圏の中でベンツはなかなか乗れないのだそうです。

それが、このお方。
上坂元祐氏です。

あたりまえのことをあたりまえにやる(今日やることは今日やる)を繰り返すだけで、この人のように、めちゃくちゃラッキーな運がつくとは限りませんが、少なくとも悪いことよりも良いことが起こるための種を少しずつ蒔いていることには変わりがないのだと思います。

今日やることは今日やろう!

私も常日頃、心の中で唱えているスローガンではありますが、はい、昨日の私もやるべきこと昨日中にやりませんでした~(涙)

記:2009/05/08

 - 雑想 雑記

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。