カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ノラ・ジョーンズ主演の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』ほか、新年早々3本も面白い新作映画を観た

      2016/11/23

2008年。
今年はおもろい映画が多そうな予感!

毎年、年末になると、映画批評サイトの「イントロ」(こちら)に、今年のベスト・ムービーを投票していて、それが、ここ何年か続いているせいか、つい、新作を見ると、「うーん、この作品はベストに入れようかなぁ」とか、「うーん、これはベストからは外しかなぁ」なんて、無意識に考えてしまっている自分がいて、それもちょっとどうなんだかなぁと思うんだけれども、今年は、まだ始まって20日ぐらいしか経っていないにもかかわらず、もう、年末のセレクションに「困った!」状態になりかけています。

いや、それは、困った「困った」ではなく、「うれしい困った」なんだけど。

つまり、もう3本もツボにはまる映画を観れたから。

1つが、『ラスト・コーション』ね。

ラスト、コーション [DVD]ラスト、コーション [DVD]

その後に観た、『君のためなら千回でも』。

これも、なかなか良かった。

君のためなら千回でも [DVD]君のためなら千回でも [DVD]

で、本日試写で見た『マイ・ブルーベリー・ナイツ』も良かった。

これ、なんと、あの、ノラ・ジョーンズが主演なんですよ。

しかも、監督がウォン・カーウァイ。

すごい(?)というか、意外な組み合わせなんですが、なかなか、スタイリッシュに仕上がっていて、なかなか。

相変わらずノラ・ジョーンズの音楽もいいし、画面にも心地よく溶け込んでいる。

ま、スタイリッシュのためのスタイリッシュといわれてしまえば、そのとおりなのかもしれないけれども、こういう90分もいいんじゃないの?って感じ。

感想は、今抱えている仕事が片付いたら、イントロにでも投稿しておこうっと。

その際は、また告知しまーす。

2008年3月、日比谷スカラ座ほか東宝洋画系にて全国拡大ロードショーです。

blueberry_night2blueberry_night1(C)Block 2 PICTURES 2006

記:2008/01/21

●関連記事
>>ノラ・ジョーンズ主演の映画、いよいよ公開!

 - 映画 ドラマ