カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

ローズの秘密の頁 2018年2月3日より全国公開

   

Pocket

about

めくるたびにあふれる、真実と愛
アイルランドの名匠ジム・シエリダン、5年ぶり待望の新作が日本公開。

ルーニー(キャロル)主演!
半世紀の時をこえて紐解かれる、壮大なる愛と真実の物語!

アイルランドの人気作家セバスチャン・バリーがコスタ賞(英国の権威ある文学賞)を受賞した同名小説を映画化!

『父の祈りを』(1993年)で第44回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したアイルランドの巨匠ジム・シェリダンの5年ぶりとなる待望の新作。

『キャロル』(2015)のルーニー・マーラ、『ジュリエットからの手紙』(2010)のヴァネッサ・レッドグレイヴがW主演を務め、エリック・バナ、テオ・ジェームズ、ジャック・レイナーなど、ベテランから次世代の注目株まで豪華キャスト陣が集結!



スポンサーリンク



story

物語は、アイルランドを舞台に、40年にわたり精神科病院に収容されているある老女の知られざる過去が、1人の意思と1冊の聖書によって明らかにされているところからはじまる。

取り壊しが決まった精神病院から転院する患者たちを診察するため、病院を訪れた精神科医のスティーブン・グリーンは、赤ん坊殺しの罪で精神障害犯罪者として40年もの間病院に収容されている老女ローズ・F・クリアを看ることに。

自分の名が「ローズ・マクナリティ」であると訴え続ける彼女は、赤ん坊殺しの罪を否認し続け、大切にしている聖書の中に何十年にもわたって密かに日記を書きつづっていた。興味を抱いたグリーン医師に、彼女は半世紀前からの自分の人生を語り始める。

激動の時代に翻弄されながらも、たった一つの愛を貫いた女性の生き様と長きにわたり封印されてきた衝撃の真実が、現在と過去の時間軸を行き来しながら壮大なスケールで描かれるミステリアスな大河ロマン!

data

監督:ジム・シェリダン
製作:ノエル・ピアソン、ジム・シェリダン、ロブ・クイグリー
製作総指揮:ギャビン・プールマン、ニコラス・シャルティエ、ジョナサン・デクター、コーマック・クロフォード、ジェレ・ハリス
原作:セバスチャン・バリー
脚本:ジム・シェリダン、ジョニー・ファーガソン
撮影:ミハイル・クリチマン
美術:デレク・ウォラス
衣装:ジョーン・バーギン
編集:ダーモット・ディスキン
音楽:ブライアン・バーン
キャスト:ルーニー・マーラ、バネッサ・レッドグレーブ、エリック・バナ、ジャック・レイナー、テオ・ジェームズ

原題:The Secret Scripture
製作年:2016年
製作国:アイルランド
配給:彩プロ
上映時間:108分
映倫区分:G

2018年2月3日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国公開

 - 映画 ドラマ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。