アイ・アム・ピンク/吉川ひなの

      2017/06/09

Pocket

I am pinkI am pink

キャラと個性が引き立つ楽曲

藤井フミヤがプロデュースの、当時は鳴り物入りで発表された彼女のデビュー曲《ハート型の涙》が収録されている。

いかにもパンクなベースラインだが、彼女の舌足らずなヴォーカル(喋りもそうだけど)が、どう聴いてもパンクとも歌謡曲とも感じられない不思議なテイストが、妙に当時は耳にこびりついておりました。

実際、私もこの曲が発表される前に、仕事で何度も耳にしていたんですが、「いやもう参った!降参!さすがひなのちゃん!」と思いましたね。

吉川ひなのという浮遊感溢れる不思議な存在を、「曲」という具体的な形に落とした結果がこのようなサウンドテイストになったのでしょう。

曲自体はキャッチーで、かつ単純なので、アマチュアのガールズバンドがコピーしてもサマになりやすい楽曲ではありますが、しかし、醸しでる「あのテイスト」は、唯一無二。

ひなのちゃんのキャラと声がなければなしえなかったテイストでしょう。

そういった意味では、藤井フミヤ氏の直観とプロデュースの方向性は大正解だと思うのです。

曲と彼女のキャラクターが見事に一致していますからね。
それが証拠に、妙に耳に残るんですね。

それと、セカンドシングルで発表された《ウサギちゃんSAY GOOD BYE》や、これもシングルで発表された《ホットミルク》、それにファッション誌のCMに使用されまくっていた《事態はおんなのこ》も収録されておりまする。

(個人的には《ウサギちゃんSAY GOOD BYE》も大好きだし、シングルの《ホットミルク》の

いずれも、特にサビの箇所が印象的なメロディなので、どうしても、ひなのちんの声とセットで記憶されちゃっているのかもしれません。

吉川ひなのというキャラクターを自然に立て、素材を最大限に活かしきった好盤だと思っています。

名盤とか、音楽的にどうのこうのとか、そういう小難しいハナシは抜きにして、ひなのちんファンにはお勧めというか、マストなアイテムの一つでありましょう。

収録曲

1. Pink
2. ふたりのイエスタデイ
3. 事態はおんなのこ
4. ハート型の涙
5. ホットミルク
6. 4分の3の季節
7. One More Kiss (album version)
8. ウサギちゃんSAY GOOD BYE
9. ハート型の涙 (CMJK MIX)
10. ルルル片想い! (BUFFALO DAUGHTER MIX)
11. 知ってるよ (Midnight Dub Mix)

 - 音楽 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。