カフェモンマルトル

text:高野雲

*

椎名林檎《モルヒネ》のベースライン

      2016/06/05

Pocket

subway

こちらにも書いたので重複は避けるが、椎名林檎の1st『無罪モラトリアム』に収録されている《モルヒネ》は、肩の力を抜いて楽しくベースを弾ける曲だ。

ベース・ラインが、曲全体のトーンを設定しているので、アンサンブルの主導権を握っているという優越感にも浸れる。

ベースラインは適度な遊び心が効いていて、最低音のEから1弦の19フレットまでと、下から上までポジションもフル活用出来る上に、ダブルストップの箇所もあったりするが、それほど難しくはない。

しかも、弾いていて心地良いミドルテンポ。

ベーシストにとってはおいしいところだらけの曲だと思う。

あまり気張ってシャープに弾き過ぎるよりも、ちょっとカッタるめに弾いたほうが、曲の雰囲気にマッチしているような気がする。

記:2000/11/01(from「ベース馬鹿見参!」)

 - 音楽