音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

『あなたの番です』田中圭犯人説の動画で分かったYouTube再生回数アップの「コツ」

『あなたの番です』田中圭犯人説の動画で分かったYouTube再生回数アップの「コツ」

人気ドラマ『あなたの番です』

先日、居酒屋で呑んでいたら、店員さんが天井近くに設置されていたテレビのチャンネルを変えていたんですね。
後で理由を尋ねてみたら、その時に放送されていて番組がドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系「日曜ドラマ」)だったからとのこと。

お客さんの何人かから、「気が散るから」流れているテレビの番組を変えて欲しいという要望があったみたいです。

家で録画したものをきちんと観たいって。

もちろんガヤガヤした店内ですし、テレビのボリュームは絞っているので、普通に飲み食いし会話に興じていれば、テレビで放映されている内容など、まったく頭の中にはいってこないんですが、それでも続きが気になる番組が流れていると、つい画面をちらちら見てしまうのは「人の性」のようです。

犯人につながるかもしれない重要なシーンや、クライマックスシーンを居酒屋でBGM的に見てしまうと、きっと帰宅後に『あなたの番です』を観る楽しみが半減してしまうと感じたのでしょう。

ためしに仮説動画をアップ

私は、へぇ、そんなにこのドラマ人気なんだ、と思い、ためしに翌日、自分が考えている犯人についての仮説を語ったものをYouTubeにアップしてみました。

↓こちらです

もちろん、私はミステリーマニアでもないし、毎週録画して観ているしていドラマではあるものの、その先のストーリーが知りたくて知りたくてウズウズしているものでもありません。

日テレは、「この映像は、ドラマの重大なヒントが含まれます。※純粋にドラマを楽しみたい方は視聴ご遠慮願います。」というヒント動画を公開しているよですが、もちろんその映像も観ていません。

ですので、私が話した仮説は、あくまで私のあてずっぽうな推理です。

ま、なんとなく『反撃編』がはじまったあたりから、反撃する人⇒手塚翔太(田中圭)が主人公になるわけで、主人公になった時点で、自動的に視聴者からは、犯人(あるいは一連の殺人にかかわる重要人物)候補からは除外されるわけですよね。
そこがかえって怪しいということから、アガサ・クリスティの『アクロイド殺し(アクロイド殺人事件)』を思い出し、まだ色々と説明がつかないことも多いんだけれども、田中圭が犯人(黒幕)なんじゃないのかなぁ?って自分の仮説を10分ほど話してアップしたわけですよ。
軽い気持ちで。

とはいえ、一人、このドラマを熱心に追いかけている仲の良い人がいるので、彼女経由で毎週仕入れている細かな情報や仮説も少々取り入れさせていただいてはいますが……。

驚くべき再生回数

それにしても、このドラマの熱烈なファンって多いね。
重大なヒント映像をじつに細かなところまで粒さに観察している人が多いです。
スローで再生して、何秒目の顔が不気味だ!と言ったり、背景の文字や登場人物の顔をなキャプチャーして拡大して「202号室」の202とも読めるし「SOS」とも読めるし、……などと細かな情報の断片から様々な推理をめぐらせている人もいるようです。
その執念には頭が下がります。
このヒント動画は、情報がいろいろ封じ込められた動画には違いないのだろうけれども、その中の情報すべてが犯人につながるとも限らず、情報が多ければ多いほどジャンク情報やミスリード的な情報の量も増えるでしょうから、私の場合は、あくまで木を見ずに森だけ見た仮説でいこうと思っています。

となると、今のところは田中圭かな?ってことで、軽い気持ちで「推測動画」をアップしたんですよ。

アップしてから、約24時間。

なんとはなしにアナリティクスをチェックしていると、な、なんと1日の間に900回以上再生されているではないですか!

で、ほとんどの人がYouTubeからの検索で私の動画にたどり着いていますね。

驚き。

やっぱり旬なキーワード!

このことから分かることは2つ。

1つ目は、わからないことがあったら、最近は検索エンジンよりもYouTubeで検索する人が多いのではないか?ということ。

そしてもう1つは、再生回数増やすには、やっぱりタイトルって大事だよなぁということ。

昨日アップした動画のタイトルは、ちょっとあざとく「田中圭」といったキーワードをタイトルに混ぜて、
あくまで現段階においての推測『あなたの番です(反撃編)』の犯人、あるいは黒幕は? 個人的には手塚翔太(田中圭)なんじゃないかと。ネタバレとかそういうのじゃなくて(そもそも原作本ないですし)

という、あざといほど長いタイトルでアップしています。

それに引っかかって(失礼!)私の動画にたどり着いた人も中にはけっこういるんじゃないかなと思うのです。

それに比べて、4ヶ月ほど前にアップしたハサーン・イヴン・アリのピアノを解説した動画(12月4日のジャズ/マックス・ローチ・トリオ・フィーチャリング・ハサーン:2019年3月4日にアップ)なんて、アップしてから128日も経っているのに、まだ視聴回数57だぞ!(涙)

みんな、「ハサーン・イヴン・アリ」で検索かけないのかなぁ?
かけないよなぁ、当たり前だよなぁ。

つまりは、そういうことです。

たったの1枚しかレコーディングが残されていない「謎のピアニスト」よりも、いま旬なドラマ、それこそ居酒屋のテレビが流していたらチャンネルを換えて欲しいとまでいうお客さんが出るほどのドラマとでは、やっぱり関心度がぜんぜん違う。
そりゃそうだ。

再生時間やチャンネル登録者数を増やすためにも、今後はもう少し旬な話題を入れていこうかな?と考えた次第です。

とはいえ、あんまり旬ネタばかり話したところで、そのぶん、すぐに古くなってしまうことは目に見えています。
つまり動画そのものの耐用年数は短く、太く短くといったところでしょう。
おそらく、あと3~4ヶ月もしたら、まったく『あなたの番です』について語った動画は観られることはないでしょう。

しかし、ハサーン・イヴン・アリに関しては、おそらく1年後も、5年、いや10年後も旬なキーワードにはならないでしょうけれども、ポツリポツリと観られていくんじゃないかと思っています。

私は、どちらかというと後者のほうを取りたい。
短期間で爆発的なアクセスを得るのも良いかもしれませんが、せっかく喋って編集してアップするんだから、長い間、少ない人数でも良いから鑑賞されるような内容のものをアップしていきたいな、と思っています。

いや、旬ネタが苦手ということのほうが大きいのですが……。

とにもかくにも、皆さん、ハサーン・イヴン・アリのピアノを聴こう!(笑)

記:2019/07/09

ハサーン・イヴン・アリの紹介動画

ハサーン・イヴン・アリが唯一残したレコーディング『マックス・ローチ・トリオ・フィーチャリング・ハサーン』は、奇妙奇天烈爆裂ピアノで一聴をおすすめいたします!

YouTubeカテゴリの最新記事