アローン・アローン・アンド・アローン/日野皓正

《アローン・アローン・アンド・アローン》といえば、ブルー・ミッチェルの演奏が有名です。

ブルーノートの『ダウン・ウィズ・イット』収録の演奏ですね。

レビューはこちらです。

もちろん、チック・コリアのピアノによる素晴らしいサポートを得たミッチェルのトランペットも素晴らしいのですが、作曲者本人であるヒノテル(日野皓正)のトランペットのバージョンがも素晴らしい!

ピアノがのちにルパン三世のテーマで一世を風靡する大野雄二、ドラムスがヒノテルの頼もしい弟・日野元彦。

この『アローン・アローン・アンド・アローン』は、米国ジャズに追いつけ、追い越せの意気込みに満ちた力強いアルバムなのではないかと。

▼収録曲
1. アローン・アローン・アンド・アローン
2. ソウルフル
3. サマータイム
4. ダウンスイング
5. ブランチ

記:2015/10/15

ジャズ

Posted by