ジャズ

今から20年前に(年月経つのは早い!)行った、ピアニスト、ジュニア・マンスのライヴについて語った動画をアップしました。

リハーサル、打ち合わせどころか、曲名も告げられずの「ぶっつけ本番」。
ジャズマンってやっぱり凄 ...

ジャズ

ピアニスト、シダー・ウォルトン作曲の名曲《オホス・デ・ロホ》の曲紹介とおすすめ演奏を動画で語っています。

ハイ・ファイヴの演奏を少し悪く言っているように感じられるかもしれませんが、これはこれで、最初に聴くには良い演奏だとも ...

ジャズ

ピアニストにして優れた作曲家でもあるタッド・ダメロンの代表作の1曲、《レディ・バード》。

流れるようにスムース、素敵な曲ですよね。

この曲の紹介とおすすめナンバーを動画で語っています。

ちなみにレデ ...

ジャズ

オン・ア・スロウ・ボート・トゥ・チャイナ。

中国行きのスロウ・ボート。

このナンバーの解説とおすすめ演奏を動画で紹介しています。

よろしければどうぞ!

やっぱ、ロリンズだよね~。 ...

ジャズ

バド・パウエルやクリフォード・ブラウンなど、多くのジャズマンが名演を残したスタンダードナンバー《チェロキー》。

この曲の解説と、オススメ演奏を紹介した動画をアップしました。

よろしければどうぞ!

記 ...

ジャズ

ジャズスタンダードの定番曲《あなたと夜と音楽と》の紹介とおすすめナンバーを語った動画を2本アップしています。

ボブ・バーグのテナーが熱い!

ボブ・バーグの『アナザー・スタンダード』の演奏は、かなりカッコいい《あ ...

ジャズ

スタンダードナンバー《サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー》を紹介した動画をアップしました。

3曲、おすすめ曲を紹介しています。

記:2020/08/06

ジャズ

播磨発のジャズ雑誌(フリーペーパー)『VOYAGE(ヴォーヤージ)』。

最新号の「vol.7」が届きました。

特集は「令和の和ジャズ」。

あいかわらず、そそる特集を展開してくれています。

ジャズ

YouTubeに私が愛聴しているミンガスのナンバー5曲を選び、その良さを語る動画をアップしています。

よろしければご覧になってください。

いやぁ、やっぱりミンガスはいいですね、改めて聴きなおしてみると。 ...

ジャズ

Sound Ray

のりのりハッピー、楽しいピアノトリオ

レイ・ブライアントならではのテキパキとしたコシのあるタッチで弾かれる《ソング・フォー・マイ・ファーザー》に《コン・アルマ》。

まさに彼にぴったり

ジャズ

私が学生時代にお世話になったジャズ喫茶「いーぐる」。

昨今の新型コロナにともなう自粛要請で、お店の存続が危うくなっているそうです。

ぜひとも支援キャンペンにご協力を!

⇒ジャズ喫茶「いーぐる」販売支 ...

ジャズ

ヘイデン、デナード

オーネット・コールマンの音楽のことを深い部分から理解していた人を3人挙げるとしたら、まず1人目は、なんといってもベーシスト、チャーリー・ヘイデンだと思います。

なにしろ、『ジャズ来るべきもの』以来の共演歴 ...

ジャズ

ソニー・ロリンズは3度シーンから身を隠している。

いわゆる雲隠れだ。

1回目は1954年からの1年間。

麻薬癖から抜け出すため、療養所に数カ月入院していた。

カムバックのきっかけは、ブラ ...

ジャズ

ハンプトン・ホーズが1968年、パリで録音した作品です。

バド・パウエルに捧げたアルバムタイトルにもなっているナンバー《ブルース・フォー・バド》よりも、ワルツの名曲《ソノーラ》のほうが人気だったり。

しかし、彼 ...

ジャズ

ジャズ初心者の方に向けた、ジャズサックスのバラード入門編ということで、おそらく一番よく紹介されているのが(そしてもっとも目にする頻度が高いのが)、ジョン・コルトレーンの『バラード』というアルバムなのではないかと
思います。

ジャズ

MICHELLE

なんとまぁ名曲揃いまくりのカヴァーアルバム

たまにはベテランジャズマンが手がけたイージーリスニング調のアルバムも悪くはないかも。

あっさり聴けて、もうおしまい?!ってくらいの収録時間な

ジャズ

エラ・フィッツジェラルドの『エラ・イン・ベルリン』といえば、ラストの2曲がやっぱり目玉だと思います。

《マック・ザ・ナイフ》と《ハウ・ハイ・ザ・ムーン》。

この2曲の歌唱は、本当に素晴らしい。

この ...

ジャズ

日本の「ミスター・ブルーノート」(と、私は勝手に思っている)、行方均氏が先日お亡くなりになられました。

突然の訃報に驚いてしまいました。

ご冥福をお祈りいたします。

レコードプロデューサーである行方 ...