ブルー・スプリング/ケニー・ドーハム

タイトルは「スプリング」だけれども、秋に聴いても良い感じ。

さあ、これから秋だ。

これを手に入れて「秋本番」にそなえよう。
(・∀・)b

キャノンボール・アダレイとの共演なんだけれども、良い意味で正反対なトーンを持つこの2人は予想以上に良いコンビなのではないでしょうか。

切ないケニーがキャノンボールの脇で吹くと、キャノンボールの明るいトーンまで、憂いを帯びてくる。

そういうケニー効果って、たしかにある。

だから、様々なタイプの違うジャズマンと共演しても(セシル・テイラーとか、アンドリュー・ヒルとか)違和感ないく溶け込むんだろうね、ケニーは。溶け込むだけではなく、憂いのある色でアンサンブルに奥行きももたしてくれる。

まさに、その「ケニー効果」が、ドーハムファンとしては嬉しいのです。

▼収録曲
1.Blue Spring
2.It Might As Well Be Spring
3.Poetic Spring
4.Spring Is Here
5.Spring Cannon
6.Passion Spring

記:2016/09/05

ジャズ

Posted by