小説

ミマール・シナン

シナンジュ、ではなくてシナン。

スィナンと表記される場合もあるが、要するにオスマン帝国全盛期のミマール・シナン(建築家シナン)にまつわる物語だ。

耐震設計技術を用いた最初の建築家ともいわれている ...

小説

『エリア88』と『コンビニ人間』

村田沙耶香・著の『コンビニ人間』のラストシーンは、『エリア88』の「バンバラ編」のプロローグを彷彿とさせるものがある。

結末が異なるOVA版でいえば、ラストシーンにあたるところだけれども、要 ...

小説

暴君桃太郎

昨年、ドナルド・トランプが大統領に就任した際、もしかしたら芥川龍之介の『桃太郎』を思い浮かべた人もいるのではないかな?

芥川バージョンの『桃太郎』を読んでいない人のために簡単に概略を書くと、芥川が描いた「桃太郎」 ...

小説

『五分後の世界』で文体研究

先日、久々に村上龍の『五分後の世界』を見た。

読んだ、のではなく、見た。

五分後の世界

すでに20回以上再読している作品なので、もちろん要所要所好きなシーンの文字は「読んだ ...

小説

格闘技を志す者も、考える力が必要だ。

いや、格闘家になって活躍することを念頭に入れているからこそ、考える力が必要なのではないかと言うことを考えさせられる本が、沢木耕太郎・著の『春に散る』です。

これはこれはかつ ...

小説

職業としての小説家 (Switch library)

体力つけなくちゃ

村上春樹氏の新刊『職業としての小説家』。

新宿紀伊国屋本店にて複数のフロアで多面展開されており、面陳がいやでも目立つ、アラーキー撮

小説

ドラマの原作読んでみた

渡辺麻友と稲森いずみ主演のドラマの原作、碧野圭・著の『書店ガール』を読んでみました。

その感想と雑感などをつらつらと書いていきます。

オリオン書房

舞台となる「ペガサス書房」。

...

小説

男子の本懐

学生の頃、小中学生対象の学習塾の運営を経営者から任され、ジャズ喫茶にアルバイト先を変えるまでの1年ちょっとの間、私は「塾の先生」をしていました。

この塾は下町を中心に10箇所くらい教室があり、それぞ ...

小説

デカ船礼賛

「日章丸事件」について詳しく知りたいと思っていたときに、ちょうど良いタイミングで読むことが出来た本、それが百田尚樹の『海賊と呼ばれた男』だ。

上下2巻とあるが、上巻から下巻の中盤にかけては、城山三郎の経済小説を読 ...

小説

淡路島生まれの快男児 高田屋嘉兵衛の生涯。

高田屋嘉兵衛、スケールでけぇ!

菜の花の沖〈1〉 (文春文庫)

菜の花の沖〈2〉 (文春文庫)

菜の花の沖〈3〉

小説

『夜のピクニック』が好きな人はぜひこちらも!
(・∀・)b

恩田陸の傑作です。

中学生、高校生の皆さんは、夏休みゆっくりと読むと良いかもしれませんね。

できれば、旅のさなかに。

...

小説

先日の旅の道中、息子があっという間に読み終わった本のひとつが、群ようこの『かもめ食堂』。

本人いわく「映画よりも面白い」。

この映画が好きだった私は、へぇ、そんなもんかねぇ、と隣の席で読書に夢中の息子から「かも ...

小説

ジャズが体内に染み込んでしまった人間の短編集

ジャズと文学は相性が良い。

と思いつつも、最近はジャズが登場するブンガクって読んでいない状態が続いて久しい。

ところが、ところが、先日、昔からのメル友で、宮崎在住の作 ...

小説

私が家にいるときは、息子が寝る前に、いつも本を読んであげています。

つい先日は、北杜夫の『船乗りクプクプの冒険』を読み終わったので、次は何を読んであげようかな、と思っていたところ、息子は、床に積み上がっている本の山の中から ...

小説

『船乗りクプクプ』の冒険は、小学生のときに夢中になって読んだ思い出の本です。

ほんと、面白い。

マンガのようにサクッとよめ、なおかつ、ほろりとさせ、なにか深く心にのしかかる要素もあるというすぐれ本。

小説

さすがベストセラー作家ともいうべきか、村上春樹や、龍の本の装丁は、紙質もデザインも凝ったものが多いです。

だから息子も、私の本棚に収まっている本の背表紙で「いつも気になるんだよ」という本は圧倒的に春樹か龍の本が多いですね。 ...

小説

ハワイへ行ってきました。

行きの飛行機で『嫌われ松子の一生』の上巻を読み始めたら、結構面白い。

嫌われ松子の一生 (上) (幻冬舎文庫)

ものすごく面白い!と手放しに絶賛できる面白さではないのですが ...

小説

昔、NHKが放送していたドラマに『エトロフ遥かなり』という番組がありまして、これは放送時には食い入るように見た記憶がありますね。

佐々木譲の『エトロフ発緊急電』をドラマ化したものです。

比較的、原作に忠実な内容 ...