パーカーと演ったマイルスの《マイルストーンズ》が良い!

《マイルストーンズ》。

モード奏法の《マイルストーンズ》ではなく、パーカーのグループでマイルス・デイヴィスのキャリア初期に演奏していたほうの《マイルストーンズ》ね。

同名異曲で、マイルスのキャリア初期のほうの《マイルストーンズ》は、モード曲ではなく、のほほん色が漂う典型的なビ・バップナンバーといっても良いのですが、そこはさすがに若き日のマイルスとでもいうべきか、短いリフの中にも、メリハリ、起承転結をつけようとする意志が感じられるメロディの流れになっているんですね。

私は、初期のパーカーに丁稚奉公していた頃のマイルスの稚拙ではあるがメロディアスなトランペットが好きでして、特に、《ビリーズ・バウンス》の拙いながらも「歌おう」とするアドリブや、《マイルストーンズ》のテーマのメロディが大好きで、昔からよく風呂場なんかで「♪ふんふんふん~」と口ずさんでいます。

ここのところ、肌寒くはなってはきましたが、天気の良い日が続きます。

洗濯日和が続く今日この頃ですが、今日も洗濯ものを干しながら、《マイルストーンズ》の鼻歌を歌ってました。

サヴォイのパーカーを買えば、収録されているナンバーではありますが、ここは作曲者であるマイルスを立てて、彼の初期のパーカーとの共演が編集されている『アーリー・マイルストーンズ』を紹介いたします。

なかなかノンビリ、のどかで、ぽわぁっとした良い気分で聴けるはずです。

▼収録曲
1.Thriving On A Riff
2.Billie’s Bounce
3.Cheryl
4.Chasin’ The Bird
5.Buzzy
6.Sippin’ At Bell’s
7.Milestones
8.Little Willie Leaps
9.Klaunstance
10.Bird Gets the Worm
11.Constellation
12.Ah-Leu-Cha
13.Perhaps
14.Marmaduke
15.Steeplechase
16.Merry-Go-Round
17.Bud-O
18.Jeru
19.Godchild
20.Move

▼レビューはこちらです
アーリー・マイルストーンズ/マイルス・デイヴィス

記:2015/12/21

ジャズ

Posted by