油彩汚しで完成!タミヤ1/35 フラックザウリア

油絵の具とウェザリングカラーの混合汚し

フラックザウリア、汚しを入れて完成しました。

念入りにプラスチックの地肌を塗りつぶした下塗りの上に、ラッカー系のジャーマングレーのスプレー(タミヤ)を一度だけ吹いたところまでが、前回の記事。

以前の記事⇒ジャーマングレーで基本塗装~フラックザウリア (3.7cm対空機関砲37型搭載ドイツ装甲8トンハーフトラック )

ジャーマングレイをよく乾かした後に、デカールを貼りました。

ドイツの十字マークのデカールがないことが、なんだか珍しい感じがしました。

ほんと、必要最小限の部隊マークと車体ナンバーのデカールのみ。

で、デカールもよく乾かした後、タミヤアクリルのメタリックグレーで軽くスポンジチッピング。

これもよく乾かした後に、最後の仕上げで油彩を使いました。

今回メインで使用した油絵の具はバーントシェンナとカドミウムオレンジです。
また、対空砲の砲身の先端や、エンジンの排気口などのススけたところにはピーチブラックを使用しています。

今回の油彩の汚しは、テレピン油(ターペンタイン)は使用しませんでした。
いつもなら、薄め液として使っているのですが、今回薄め液がわりに使ったのは、Mr.ウェザリングカラーのマルチグレーです。

Mr.ウェザリングカラーも油彩ですから、これに油絵の具を混ぜたら、どんな感じになるんだろうという好奇心からの実験です。

茶色、オレンジ、グレーと別々に塗る手間が省ければラッキー!なんて考えて、最初からグレーを薄め液がわりに使ってしまっているという。

で、結果はこんな感じなわけです。

汚したいところにだけ「点」で油絵の具を置き、あとはMr.ウェザリングカラーをしみこませた平筆を「面」でこすりつける。
そんな感じで今回は汚していきました。

わりと地味に、ぬらぁ~っとした感じ?

当初は、グリーンも使ってみるつもりだったんですが、やっぱり使う勇気が出てこなくて、結局のところ使いませんでした。

だから、あまり色のメリハリの振幅も大きくなく、地味でぬらぁ~っとした感じになってしまいました。

そうそう、今回はスミ入れも、ドライブラシもしていませんからね。
地味でぬらぁ~とした感じは、スミ入れやドライブラシなど、モールドを際立たせる「引き締め作業」をしなかったこともあるのかもしれません。

ただ、そういえば書くのを忘れていたんですが、車体の裏面には、うっすらとクリアオレンジは吹き付けています。

その後で、グレイッシュブラウン(Mr.ウェザリングカラー)をこすりつけると、あっとい間に泥だらけの汚い車輌に見えます。

ただし、上面の汚しは、控えめにしています。

ところどころにアイボリーホワイトをごくごく微量に乗せて、筆で伸ばしてぼやかしたりもしています。

装甲板のノッペリした面と、荷台の対空砲の細かなパーツの情報量のギャップがツボな車輌ですよね。

やっぱりタミヤのキットは作りやすい!

完成まで時間がかかることを覚悟していたんですが、そうでもなかった。
わりとあっさりと完成してしまいました。

いつか作りたい、8トン、そして18トンハーフトラックの良い練習台になりました。

いや、組み立てに関しては全然苦労していないので、あまり練習にならなかったかな?
むしろ、デザートシボレーやフォードマットのようなジープ系の車輌のほうが組み立ては難しいかも。

記:2020/05/21

関連記事

>>デザートシボレー タミヤ1/35 制作記
>>タミヤ1/35 アメリカM151A2&カーゴトレーラー制作記

模型

Posted by