おそるべき食欲!大喰いオルガン奏者 ジミー・スミス

恐るべき大食漢

ジミー・スミスの大喰いっぷりは有名な話だが、食べた量を知ると、我々の想像をはるかに超えていることがわかる。

ジャズ評論家・小川隆夫氏が、彼の大食漢っぷりをなにかの雑誌か本に書いていた。

来日したある日のこと、朝食はサンドイッチとスープとドーナツ数個食べ、昼には日本レストランでアペタイザー4~5品目と魚定食、3時のおやつにはインドレストランでタンドーリ・チキン1羽とキーマカレー、夕食はイタリアンレストランでチキンとパスタを2種類ずつ、夜中にはホテルでオムレツとステーキのサンドイッチをルームサービスで頼んだとのこと。

うーむ、恐るべき食欲。

ちなみに、ウェス・モンゴメリーとサンドイッチをほおばるジャケットの『ダイナミック・デュオ』は、近所のサンドウィッチ屋のものだが、トッピングを全部入れてもらったのものなのだそうだ。

よく見ると、ウェスは、なんか食べるふりというか食べているポーズっぽい感じだが、ジミー・スミスは、本当においしそうにパクついているよね。

記:2005/10/07

ジャズ

Posted by