ぼんやりジムさん~HGUC ジムIII制作記

久々ガンプラ

なんだか最近はアーマード・ファイティング・ヴィークル(AFV)ばかり作っていたので、ここらで息抜きの一つでもしよか、ってことで久々に(久々でもないか)ガンプラを作ってみました。

ジムIIIです。

ジムが武装強化されているなってことはパット見でわかるのですが、それでも、ジム的弱そうな雰囲気はそのまま踏襲されているところがナイスです。

いくらジムの後継機といってもジェスタやジェガンくらいになってしまうと、もはやジムとは別次元の期待にしか見えませんからね。

その点、ジムIIIは、武器は増えたものの、そしてところどころカッコよくなっている感じがしなくもないけれども、でも、やっぱり、あの顔がね、やっぱりジムだよなぁ~、でなんだかホッコリするのです。

で、箱。

箱の中は、こんな感じです。

ランナーを並べてみました。

頭部と胸部から組み立てました。

黄緑の要素が多いところが、なんだか爽やかでヘルシーでエコな感じもして、そこが逆に「強そうだけどなんだか弱そう」なジムのイメージを上手に覆さないでくれています。

バックパックはかなり強力な推進力がありそうですね。

腰の脇の2連大型ミサイルランチャーも「強くなってます」感が強調されていますね。

で、あっという間に素組み完了。

なかなかカッコいいプロポーションですね。

付属シールは使っていませんが、この状態でもなかなか秀逸な色分けだと思います。

ビームサーベルも比較的長めで、なんだかけっこう強そうに見えます。

いや、実際のところ設定ではガンダムMk.IIに迫る性能だったそうなので、強いのでしょう。

塗装

いつものとおり、プラスチック地をなくすための下地塗装をしました。

黒、マホガニー、ジャーマングレー、ダルレッドの4色を適当にスプレーしていますが、思いのほかダルレッド効果でガンキャノンっぽく一瞬見えますね。

あまりにも統一感がないので、黒鉄色を全体にうっすらとスプレーしました。

執拗なほどプラスチックの下地が隠れる塗装をほどこしたら、あとはあっさり仕上げです。

タミヤのアクリル塗料(水溶きアクリル)で数回塗り重ね、油彩のホワイトでドライブラシをかけて完成させました。

後姿。

ドライブラシをかける前に、油彩のバーントアンバーや黒などを混ぜた色でスミ入れをしています。

今回は、油彩のホワイトのふき取りが甘かったためか、かなり露骨なドライブラシ効果が出てしまっています。

ホコリっぽいというか、なんだかボンヤリしていますよね。

でも、ふき取って乾かしてやり直すが面倒だったので、そのまま最後まで突き進んでしまいました。

頭部のグリーンのバイザーは、クリアパーツだったのですが塗りつぶしてしまい、フラットアルミを塗った後に、Mr.ウェザリングカラーのフィルタリキッドグリーンを重ねています。

バイザーの緑が光って見えるのは、光の反射ではなく、ドライブラシでのっかった白の効果です。

やっぱり色わけがパキッとしていませんよね。
ボンヤリな感じ。
特に、タミヤアクリルのフラットレッドはパンチのない赤だと個人的には思っているので、メリハリを利かせたい場合は、オレンジやイエローを混ぜる必要がありますね。

ま、ボンヤリGMも悪くはないですけれども。

再び後ろ姿。

作りやすいうえに、プロポーションも良い、なかなかコスパの高いキットだと思います。

テキトーに塗っても、そしてドライブラシをやりすぎても、なんとかサマになってくれるのは、元となるキットの造形やバランスが秀逸だからなのでしょう。

関節ポロリや関節ヤワヤワなところもいまのところないし、完成後もしばらくは遊べる秀逸キットなのではないかと思っています。

記:2021/03/10

ガンプラ

Posted by