完成!HGUC アイザック(無塗装+ウェザリング)

以前の記事⇒部分塗装~HGUC アイザック

完成!

HGUCのアイザック、完成しました。

今回は、一部部分塗装した以外は、成型色のままです。

ただしプラスチック表面を保護するためと、つるっとした表面にマット感をもたらすために、クレオスのつや消しクリアーを吹いてからウェザリングをしています。

ウェザリングは、大きく分けて2種類。

エッジの部分のチッピングと、表面の微妙な色調の変化ですね。

エッジの部分のハゲちょろ表現は、水性ホビーカラーの焼鉄色やシルバー、タミヤアクリルのメタリックグレーなどを使用しています。

これら塗料をスポンジでぽんぽんと叩きつけました。

表面の色合いの変化は、タミヤアクリルのNATOブラックやジャーマングレーをランダムにスポンジで叩きつけたのと、Mr.ウェザリングカラーのほぼ全色を用いてランダムに表面に薄く筆塗りしています(ほんとにアクセント的に薄~く)。

あとは、モールドのところにグレーやブラウンやブラックをランダムに流し込んでスミ入れをしています。

いやはや、あらためて頭デカい。

そんなことは百も承知で作っていても、いざ自らの手を動かして組み立てると、その実感指数が違いますね。

デカ頭のレドームの赤い帯は、シールです。

シールの上からラッカー系塗料をブシューッと吹き付ける荒業(?)。

レドームの裏側にもモノアイが走るレールが。

パッケージのイラストには、ここにもピンクのモノアイが描かれていましたね。

バックパックに取り付けられたプロペラントタンクは、設定だとブルーなのですが、ニュートラルグレーにしてみました。

この色のほうが使い捨てっぽいでしょ?
青にしちゃうと、使い捨てなのにわざわざ機体の色に合わせて塗った感が出てしまうと思ったので。

このアングルがカッコいい。

背後からのこのアングルもなかなか。

後頭部に巨大なフリスビーが突き刺さった感じ。
あるいは、後頭部に巨大なクラゲに寄生されてメタモルフォーゼ中な感じ?

あと、マシーネンクリーガー好きだったら分かってくれると思うんですが、頭部の顔からレドームにかけての滑らかなカーブを描く曲線美がたまらんのですよ。

不恰好カッコいいとでもいうのかな、無理くり感があるにもかかわらず、その強引な感じを曲面がうまく中和してくれるような、そんな現場感もただよう感じがたまらなくセクシーですね。

シールドとマシンガンを持ってフル装備。

ライティング加減では、プラスチックなニュアンスが前面に出てしまいますね。

HGシリーズのかなり初期のキット(ハイザック)の金型を流用していることもあり、あまり期待しないで作ってみたものの、これはなかなかの存在感。

もちろん、最近のガンプラに比べると、プラスチックの質感や、パーツの分割の箇所など、なんとなくモッサリしている箇所もあるのですが、そんなことはどこ吹く風。

なかなかの存在感と作る喜びを充分に味わえるキットでした。

今度作るときは、ステルス仕様の全身ブラック塗りなんかも面白いかな、などと妄想を働かせています。

記:2020/04/22

ガンプラ

Posted by