インタ・サムシン/ケニー・ドーハム&ジャッキー・マクリーン

私が大好きなトランペッター、ケニー・ドーハム。

私が大好きなサックス奏者、ジャッキー・マクリーン。

2人ともジャズ喫茶のヒーローです。

哀愁と切なさもたたえた熱いブロウをしてくれますからね。

この2人が双頭リーダー!
インタ・サムシン!

イントゥ・サムシンじゃないよ。
そちらは、ユセフ・ラティーフ。

中身の演奏は、いやぁ、まいったまいった、ほんと素晴らしい。

レーベルはブルーノートではなく、パシフィック・ジャズというのも珍しい。

お二人とも、どうしてもブルーノートのイメージが強いですからね。

もっとも、レーベル変われど、ドーハムはドーハム。
マクリーンはマクリーン。

強くて弱くて、熱くて哀しいハードバップが全開!

ジャズ喫茶族、聴くべし!
(もう聴いているか)

▼収録曲
1. アス
2. イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー
3. レッツ・フェイス・ザ・ミュージック
4. ノー・トゥ・ピープル
5. ラヴァーマン
6. サンフランシスコ・ビート

記:2015/12/11

ジャズ

Posted by