ノーマン・グランツ J.A.T.P. カーネギーホール1949


Norman Granz J.a.T.P. Carnegie Hall 1949

時々ジャズ本をめくっていると目にする、この印象的なイラストのアルバムは?

ノーマン・グランツ主催の、カーネギーホールでのセッションです。

う~む、古き良き勢いと活力に溢れたジャズを聴いているぜ!って気分になります。

トランペッター、ファッツ・ナヴァロの参加も貴重といえば貴重ですね。

この時のナヴァロは、すでにヤク中でボロボロのだったそうです……。

しかし、演奏は胸を打つ。

そして、死の直前のこの時のナヴァロのトランペットを、なんとチャーリー・パーカーは客席で聴いていたという。

なんとも、ドラマティックというか、そういうエピソードを知った上で聴くと、また感慨もひとしお。

音質の多少の悪さなんてまったく気にならんわい!って感じですね。

ちなみに、時々ジャズ本をめくっていると目にする4文字英語「JATP」とは?

JATPとは、Jazz At The Phillharmonic Hallの略称で、ヴァーヴやノーグランやパブロなどのレーベルの創設者、ノーマン・グランツが1944年にはじめた、人気ジャズミュージシャンやシンガーなど、いわゆるスター級のプレイヤーを集めたショーのことですね。

記:2002/02/21

ジャズ

Posted by