ソウル・ステーションのウイントン・ケリー

リメンバーのピアノソロ

ハードバップ・ファンにはお馴染み、ハンク・モブレイの『ソウル・ステーション』。

テナーサックスのワンホーンアルバムゆえ、ハンク・モブレイの良いところ(マイルドな音色と穏やかなアドリブ展開、そして暖かな歌心など)をたっぷりと味わえる素晴らしいアルバムです。

このアルバムの出だしの《リメンバー》が特に好き。

そう感じているジャズファンの方は、きっと私だけではないと思います。

モブレイのリラックスした円やかなテナーも良いのですが、モブレイのソロの後に登場するウイントン・ケリーのピアノも、これまた、涙、涙なのです。

ケリーっていいよね、やっぱり。

特に、ピアノのソロパート出だしの数小節のフレーズが、本当に素晴らしくて。

口ずさめるほどに、とてもシンプルな旋律なんですが、この曲のアドリブの出だしは、このメロディ以外ありえないんじゃないかと思うほど。

ハッピーなフィーリングの中にまぶされた微量の哀感。

私は、ケリーが奏でる「この箇所」聴きたさだけのために、『ソウル・ステーション』をかけることもあります。

《リメンバー》が始まり、モブレイのテーマ、そして、アドリブ。

そろそろ、ケリーの出番だ。

「来るぞ~」って待ち構えているところに、ピンポーン!と宅急便が来たりすると、めちゃめちゃ落ち込みます……。というか萎えます……。

そういう時にかぎって、インターフォンが鳴ったり人に話しかけられることって多いと思いません?

ケリーの「例のフレーズ」を忘れてしまった人は、『ソウル・ステーション』を引っ張り出して、もう一回聴いてみよう!(・∀・)b

なんか、その出だしの数音を聴きたいがために、曲の最初からじっくりと耳を澄ましているのが最近の私です。

記:2015/01/22

関連記事

>>ソウル・ステーション/ハンク・モブレイ

ジャズ

Posted by