素組み!1/72 オーラバトラー HGレプラカーン制作記

HGレプラカーンを作ります

1/72スケールのHGレプラカーンを作ります。

以前作った、オーラバトラーのトッドビアレスが、部品数少なく作りやすいうえに、旧キットとは違いボリューム感たっぷりだったため、今回のレプラカーンも期待できそうです。

箱を開けると、シャアザクを彷彿とさせる成型色のランナーが。

パーツ数は少なく、ボリューム感たっぷりのパーツが多いですね。

完成

あっという間に組み立てて完成。

ガンプラに慣れていると、じゃっかん勝手というか温度が違う感じがするので、MSを作るようにサクサクとはいかないのですが、それでもパーツ数少ないので、わりと短い時間で組めると思います。

盾や顔面両脇のパーツがポロリしやすいです。

ま、カッコいいから良いんですけど。

そういえば、フェイスブックのプラモコミュニティにアップしたら、カニが食べたくなるというコメントもありましたな。

背中。

この背中の甲羅というか装甲は、肉厚でボリューミーなのは良いのですが、そのぶん重いため、直立させると、後方に引っ張られて倒れそうになるので、脚の開き方に注意ですね。

フェイスブックに完成写真をアップしていたら、片方の足先(左側)の前後が逆という指摘が。

慌てて修正しました。

このレプラカーン、かなりボリューミーで迫力のあるフォルムゆえ、組みあがったときの喜びは大きいです。
しかし、正直に告白しちゃいますと、その後の関節保持力が少々心配なキットではあります。

記:2020/01/08

関連記事

>>素組み! HGAB 1/72 トッドビアレス

模型

Posted by