来日したジャズ・メッセンジャーズのサービス精神

1961年にアート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズが初来日を果たした。

当時のメッセンジャーズの音楽性は、すでにモードジャズに移行しつつあったのだが、日本ではまだ『モーニン』が出回り(主にサンジェルマンのライヴのほう)、人気だったことから、演奏ナンバーはアルバム『モーニン』収録のナンバーやテイストを中心に演奏されていた。

メッセンジャーズのサービス精神といったところか。

しかし、これが功を奏してか、《モーニン》がジャズファン以外の人々にも浸透することになる、日本ではファンキージャズのブームが到来する。

評論家の油井正一氏が「蕎麦屋の出前持ちも鼻歌で口ずさむ」ほど、と形容したのは、まさにこの時代のファンキージャズブームを端的に形容した言葉といえる。

記:2005/11/19

>>昭和36年。来日したメッセンジャーズのライヴ音源

ジャズ

Posted by