マイルス作曲 エヴァンス演奏

2021-01-25

マイルス作曲、エヴァンス演奏。

エヴァンスが演奏するマイルスの曲が、個人的には好きなようです。

有名どころでは《ナルディス》。

これ、キャノンボールのために作ってあげた曲なんだけど、キャノンボール本人よりもエヴァンスのほうが気に入っちゃったみたいですね。

ジャック・ディジョネット(ds)とエディ・ゴメス(b)によるモントルー・ジャズ・フェスティヴァルのライヴ盤、通称「お城のエヴァンス」の演奏が有名ですよね。

それから《マイルストーンズ》。

これは『ワルツ・フォー・デビー』に収録されているんですが、《マイ・フーリッシュ・ハート》と《ワルツ・フォー・デビー》という「2大看板曲」の陰に隠れちゃって、あまり目立たない存在なのかも。

>>ワルツ・フォー・デビー/ビル・エヴァンス

個人的にはマイルスの初演のヴァージョンよりも好きなんですけどね。

もちろん『マイルストーンズ』収録の初演も、力強くてすごく良いのだけれども(特にキャノンボールのソロが)、でも、リリカルなエヴァンス・ヴァージョンを先に聴いてしまった身としては、どうしても、エヴァンスのちょっとためらいがちなイントロに引き込まれてしまうんですよね。

ラファロのベースソロも必殺フレーズがいくつか出てくるので、たまらんのです。

そして、最後に《ソーラー》。

これはマイルスが『ウォーキン』で演奏しているナンバーなんですが、エヴァンスが演奏する《ソーラー》は、素朴なマイルスのオリジナルヴァージョンを、知的にヴァージョンアップさせた感じの演奏。

これはマイルスのヴァージョンもエヴァンスのヴァージョンも甲乙つけがたいですね。

『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』に収録されています。

>>サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード/ビル・エヴァンス

そういえば、この《ソーラー》も、《マイルストーンズ》同様に、ためらいがちなピアノから演奏がスタートしますね。

いい感じです。

記:2016/04/01

ジャズ

Posted by