ナイト・アンド・デイ/松本茜

私、そうめんが好きなんですけど、若い頃は、麺類といえば蕎麦とかうどん(特に蕎麦)が好きだったんですが、年とともに、そうめんが好きになってきているんですね。

で、そうめんって、本当においしいそうめんは、のど越しが良いだけでなく、ほんのりとしたコクや香りもあって、満腹にはならないけれども、食後の「あ~、うまかったなぁ」という満足感はとても大きい。

で、先日発売された松本茜さんの新譜『ナイト・アンド・デイ』を聴いたらですね、ヘンな話ですが、そうめんを思い出しました。

つまり、おいしい。

つまり、流麗でありながらも、ほんのりとしたコクもある。

以前、私は彼女のピアノのタッチのコクについてなどを書いたことがありますが、

>>ジャズピアニスト・松本茜のピアノの「タッチ」にもっと注目しよう!

まさに、彼女独特のピアノのタッチ、コクや粘りがキープされつつも、流麗さが増しているような気がするんですね。

うん、非常に聴きやすいピアノトリオだ。

しかし、さらりと耳の右から左に流れておしまい!な流麗さではなく、きちんと耳に訴えかける、それも下品に訴えかけるのではなく、
さらりと自然に歌えかけてくるエレガントさがあるんですね。

いってみれば絹のような滑らかさですね。

おすすめ。
(・∀・)b

聴いてみよう!

記:2017/04/16

▼収録曲
1.Night & Day
2.They say it’s wonderful
3.PlaceStHenri
4.LotusBlossom
5.But beautiful
6.Miss sunshine
7.Beyond the bluebird
8.Quiet rain

ジャズ

Posted by