最近ジジイのYouTubeチャンネルが面白い

「ジジー」だなんて失礼千万だということを重々承知しつつ、というより、敬愛の念をこめて「じじぃ」と呼ばせていただきますが、いま、YouTubeの動画チャンネルでは、「じじぃ」な方々のチャンネルが面白い。

YouTubeは若者のメディア、では、だんだんなくなってきていますね。
少しずつ市民権を得て、普及してきているのでしょう。

このようなことは、昨年あたりから、少しずつ痛感してきています。

特に、最近だと、つい先日開設されたばかりのタレント・エド山口のチャンネルや、歴史作家・加治将一のKajiチャンネルが面白く、ほとんど目を通していますね。

エド山口チャンネル
Kajiチャンネル -加治将一

なにしろ、語り口が、やっぱり「じじい」特有の年季がはいっているので、これまで視聴してきた若手ユーチューバーたちの動画の語りが薄っぺらに感じてしまうほど。

というより、俺の喋りがいちばん薄っぺらたっつーの!(涙)

やっぱり人生経験から裏付けられた含蓄やペーソスなどが、言葉の間からもにじみでていて、語られる内容もさることながら、語り口のほうに大きくひきつけられている今日この頃なのです。

皆さんもご覧になってみてはいかがでしょうか?

というよりも、リタイアされて今は年金暮らしのシルバー世代の方は、どんどん動画配信をして、これまでの人生経験を我々にシェアしてください。

自分にとっては、当たり前過ぎてなんでもないと思うようなことも、実は若い世代や違う業界で生きている人からしてみれば、光る宝だったりすることもあるんですよ。

べつに職業が作家だったりタレント(ミュージシャン)でなくとも、これまで携わってきた仕事や趣味の話をすれば、それが意外と知られていないことかもしれないし、もしかしたら、今後の人類にとって無形の財産になる可能性だってあります。

ちなみに、YouTubeの動画の撮影、編集はスマホさえあれば、簡単に出来ます。
エド山口氏は、奥さんが撮影、動画編集をされているみたいですね。
いまはスマホで簡単に動画の編集ができるので、とても便利な時代になったものです。

孫や娘(もちろん息子でも良い)から操作を教わったり、撮影編集してもらえば、新たなコミュニケーションが生まれると思いますし、少なくとも私は人生の先輩たちの声をもっともっと聞いてみたいと思っているのですよ。

ま、私もあともう少し年をとれば「じじー」の仲間入りではあるのですが……。

記:2020/03/22

YouTube

Posted by