スリング・ショット!/シーズ・スリンガー

シーズ・スリンガー。
オランダのピアニスト。

彼のリーダー作が本邦初CD化です。

なんといっても、クリフォード・ジョーダンのテナーが渋い!

ハンク・モブレイにも通ずる、柔らかなテナーの音色とメロディアスなブロウ。

あ、ラテン調のナンバーだと、チャーリー・ラウズっぽさも顔を出しているかも。

それにしても、フィリー・ジョー・ジョーンズ。

いくつになっても、やんちゃ坊主ですね~。

冒頭、一曲目から、期待させまくりの重たいドラムソロのイントロ。

ジャズ濃度バッチリ!

スリンガーのピアノは、堅実かつオーソドックス。

やはり、ジョーダンのテナーや、フィリー・ジョーのドラムに聞惚れてしまうのです。

▼収録曲
1. スリング・ショット
2. グローイング・アップ
3. ウォルトニア
4. アイ-ウィットネス・ブルース
5. イフ・イット・ワー・オンリー・ユー
6. ディジィジット

記:2016/09/07

ジャズ

Posted by