カフェ・モンマルトル

高野雲の雑記帳。音楽・映画・読書・模型。

アウト・オブ・ザ・ブルー/ソニー・レッド

      2022/06/21

レッドとケリー、素敵なコンビ

まず、ジャケットが良い。

ソニー・レッドの赤(Red)と、タイトル(Blue) を引っかけたデザインだが、そんな予備知識が無くとも、綺麗に塗り分けられた白、赤(オレンジ)、青の配色は鮮やかで目を惹く。

かくいう私自身、このジャケットに初めて出会った時は、ソニー・レッドという名前のアルト・サックス奏者のことは知らなかったが、このおいしそうなデザインに惹かれたがために、気になるジャズマンの一人になってしまったほどなのだから。

これは、ソニー・レッドがブルーノートに残した唯一のリーダーアルバムだ。

フォーマットは、ワン・ホーン・カルテット。

ウイントン・ケリーがピアノを務める、二種類のリズムセクションを従えている。

ウイントンのシンプルでツボを押さえたピアノはいつ聴いても心地よい。

多くの音を費やさずに、大事なことをサラリと伝える彼のピアノ。

そして、ソニー・レッドの語り口も、ケリーのそれに通ずるものがあり、要するに、ケリーとレッドはとても相性が良いのだと思う。

ケリーの軽妙なピアノと、リラックスしたソニー・レッドのアルト。

なんとも言えずハッピーなフィーリングになってしまうではないか。

ソニー・レッドのアルトは、ルー・ドナルドソンやソニー・クリスを彷彿とさせる軽やかな音色だが、時として、直情的で激することもある彼らのプレイに比べると、あくまで淡々と、しかしさり気なくリスナーの耳を魅了する軽やかな語り口だ。

決して大味なプレイに走ることなく、あくまでスムースに、軽やかなプレイに徹する彼の演奏は、聴きようによっては、少し物足りなさを感じるかもしれないが、逆に考えればスマートな大人の「粋」さなのだと、好意的に受け取りたい。

おすすめ曲は、《ステイ・アズ・スウィート・アズ・ユー・アー》だ。
ナット・キング・コールの名唄で有名なバラードナンバーだが、音数少なく切々と吹くレッドのサックスと、その背後で出しゃばらずにフロントを引き立てるウィントン・ケリーのバッキングの巧さが際立つ演奏だと思う。

記:2002/03/08

album data

OUT OF THE BLUE (Blue Note)
- Sonny Red

1.Blues Ville
2.Stay As Sweet As You Are
3.I've Never Been In Love Before
4.Nadia
5.Blues In The Pocket
6.Alone Too Long
7.The Lope
8.Stairway To The Stars

Sonny Red (as)
Wynton Kelly (p)
Sam Jones (b) #1,#2,#3,#4,#5,#6
Roy Brooks (ds) #1,#2,#3,#4,#5,#6
Paul Chambers (b) #7,#8
Jimmy Cobb (ds) #7,#8

1959/12/05 #1,#2,#3,#4,#5,#6
1960/01/23 #7,#8

 - ジャズ