淡々と名演。スタン・ミーツ・チェット

バトってはいないが意識しあっている

スタン・ゲッツとチェット・ベイカーの共演。

いや、競演とでもいうべきか?

決して熱いバトルの火花は散ってはいないんだけど、テーマのアンサンブルに感じる「そこはかとないヨソヨソしさ」に、互いが互いの存在を意識しているんじゃないかというムードが漂っているように感じる。

だからこそ良いんだよね。

この距離感が。

寄り添いすぎていない。

かといって、突き放しているわけでもいない。

ある意味、淡々と良い演奏が進行していく。

それで良き時代の良きジャズのムードがむんむん。

ゲッツもチェットもメロディアスですよね。

でも、だからといって単純になごめるのかというとそうでもない。
相手に弱みをみせないぞ的な緊張感が露骨にではないけれど、微弱に維持されて演奏が進行していくので、こちらも飽きずに一音一音フレーズを丁寧に拾いながら楽しむことが出来るのですね。

特にゲッツ。

ちょっと不愛想なくらい淡々としているところもあるけれど、ちゃんとゲッツしているというか、良質なジャズになってしまっている。

そこが面白いし、「ゲッツに駄盤なし」の秘密はここらへんにあるのではないかと。

《アイル・リメンバー・エイプリル》、《ニューヨークの秋》、《エンブレイサブル・ユー》、《ホワッツ・ニュー》、《ジョードゥ》。

名曲揃い。

じわじわと長~く楽しめます。

記:2020/03/06

ジャズ

Posted by