カフェ・モンマルトル

高野雲の雑記帳。音楽・映画・読書・模型。

ヒリヒリ染みて来る「例の箇所」/『スティット、パウエル、JJ』

   

パウエル好調、こちらは不調

元気のないときに、全盛期のパウエルは聴くもんじゃないね。
ヤケドしてしまう。

もちろんパウエルのトリオもそうだけど、ホーン入りの演奏も同様。

スティットのリーダー作のパウエルの暴れん坊っぷりといったら。


スティット、パウエル&J.J.+3

実際、ヒリヒリと心がヤケドしてしまったですよ。

《ファイン・アンド・ダンディ》のオルタネイト・テイクで、パウエルがスティットからソロを「強奪」するところなんて、いつもの体調で聞けば「おお、スリリング!」となるんだけれども、今日のように、ちょっと疲れているときに聴くと「そんなに喰ってかからないでよ!」となってしまいます。

まぁ、受け手の体調や気分次第でこうも受け取り&感じ方が変わるものかと思うと、それはそれで興味深いものはあるけど、早く風邪治さなきゃ。

ただですね、体調悪いときに前半のパウエル参加の演奏はちょいキツめですが、後半の《アフタヌーン・イン・パリ》は、いつもに増して心地よかったです。

記:2009/03/14

 - ジャズ