テ・ヴ/ロイ・ヘインズ

2019-11-24

Te Vou
Te Vou

若い!

古くはレスター・ヤング、さらにチャーリー・パーカーとも共演したことのあるベテランドラマー、ロイ・ヘインズが、パット・メセニー、ドナルド・ハリソンら新進気鋭と共演した最近のアルバム。

元気です、おじいちゃんになっても。

まだまだ若者にゃー負けんの気迫充分。

もとより、俊敏なロイ・ヘインズのタイム感。

年をとっても衰えることなく、すばやいレスポンスと的確な状況判断で若手のソロをサポートしつつも、うまく煽っている。

とくに、皮をパンパンに張り詰め、トレブリーでアタックのあるスネアの素早さが彼の特徴で、これは、コルトレーンが1963年の七夕の日にニューポートで演奏した《マイ・フェイヴァリット・シングズ》での煽りに煽りまくるスネアの打・打・打!を聴けば、おわかりのとおり。

もちろん、『テ・ヴ』でのドラミングは、それほど激しくはない。

しかし、よく聴くと、じつに細かくオカズを入れまくっている。

リズムキープを超えて、積極的に音楽の骨格形成に乗り出している感じ。

しかし、カチャカチャと耳障りにならないのは、それはおそらく、メセニーやハリソンのマイルドな音とのバランスが良いからだろう。

ある意味、若手の演奏のほうがおとなしく安定しており、バックのおじいちゃんのプレイがハッスルハッスル、元気モリモリって気がしないでもない。

だからといって、若いもんが年寄りに負けてどーする、っていうことでは全然無くて、それぞれの演奏者のテンションの差のバランスが、アンサンブルをよりよいバランスに収めているということ。

だから、とっても聴きやすい。

メセニーやハリソンのオリジナル以外にもチック・コリアの曲、チャーリー・ヘイデンの曲、オーネット・コールマンの曲など、ジャズマン作曲ナンバーのオンパレード。

しかし、個人的には、やっぱりモンク作曲の《トリンクル・トウィンクル》がいいな。

このトリッキーな曲を細かく複雑にここまで煽れるのは、共演歴のある彼をおいてほかにはいないだろう。

記:2009/03/13

album data

TE VOU! (Dreyfus)
– Roy Haynes

1. Like This
2. John Mc Kee
3. James
4. If I Could
5. Blues M45
6. Trinkle Tinkle
7. Triognometry
8. Good For The Soul

Roy Haynes (ds)
Donald Harrison (as)
Pat Metheny (g)
David Kikoski (p)
Christian Mcbride (b)

ジャズ

Posted by