ライヴ・アット・ザ・キーストンコーナー/テテ・モントリュー

2021-02-05

テテ・モントリューの『ライヴ・アット・ザ・キーストンコーナー』。

テテが、ベーシストにハービー・ルイス、ドラマーにビリー・ヒギンスを従えたトリオ演奏。

場所は、サンフランシスコの「キーストンコーナー」。

テテのピアノは、スティープルチェイスから出ている数々の演奏を聴けばお分かりのとおり(オススメは『テテ』!)、非常にエネルギッシュかる流麗なのですが、それに加えて力強く叙情的な面もあることを忘れてはいけません。

特にこのアルバムで言えば冒頭の《ニューヨークの秋》。

なかなかでしょ?

そこから一気に畳み掛ける《スクラップル・フロム・ジ・アップル》!

うーん、テテっていいなぁ。
ジャズっていいなぁ。

何のひねりもないストレートな感想が口から出てきてしまうのです。

もちろん、ラストの《レイジー・バード》も良か!

▼収録曲
1.Autumn In New York / Scrapple from the Apple
2.I’ll Remember April
3.You’ve Changed
4.Lady Bird

記:2016/12/13

ジャズ

Posted by