T.T.T/J.R.モンテローズ

2021-01-30

テナーサックス奏者のJ.R.モンテローズといえば、すぐに思い出すのが、ミンガスの『直立猿人』だったり、ブルーノートの『J.R.モンテローズ』だったりなのですが、これらから受けるイメージは、いずれも「クセのあるテナー」なのではないでしょうか?

ところがところが。

たしかにクセというか、独特なコクはあるんですが、ストーリーヴィルから出ている、このライブ盤なんてどうよ?

吹きまくりんぐ。
難解さ、なっしんぐ。

しかも、全然難解ではなく、チェット・ベイカーと共演していることによる「チェット効果」もあるんでしょうけど、とにかくスイートですらあります(特にバラード演奏が)

今の自分の本音をさらけだすかのようなブロウ。

うーん、まさに、このジャケットの表情が物語っているかのよう。

非常に心地よいテナーサウンドです。

ハードバップのテイストを失わないバックのピアノトリオもグッド。

バックのピアノトリオは、ホッド・オブライエンのレギュラートリオです。

J.R.さん、頑張ってます!

こっちも頑張って聴かなくちゃって気分にさせてくれます。

▼収録曲
1. ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ
2. オール・ザ・シングス・ユー・アー
3. ホワッツ・ニュー
4. セントラル・パーク・ウェスト
5. エアジン-ビ・バップ・テーマ

記:2016/03/05

ジャズ

Posted by