助けてくれ〜!なほど気持ち良いウルマーの『ブラック・ロック』

昔は、大爆笑しながら大音量でかけて盛り上がっていたものです。

ウルマーの『ブラック・ロック』。

もんの凄いパワーとテンション。

ベースがペキパキ、ドラムがドタバタ。

うひゃ~、もうこれは笑うしかない!と。

ギャグに笑う時のような大爆笑ではなく、『ブラックロック』を聴いた時の大爆笑は、猛烈な力にねじ伏せられないための本能的なリアクションだったのかもしれないですね。

気持ちよすぎる、カンベンしてくれ~!
みたいな。

カンベンしてくれない、容赦ない快楽ヨジくれギター攻撃がたまらん!

記:2017/11/20

ジャズ

Posted by