マイルスがオープンラッパで吹く《アイ・ウェイテッド・フォー・ユー》

マイルス・デイヴィスといえば、ミュートトランペット。

それも、キーン!と鋭い音色のハーマンミュートがトレードマークになっており、それはそれで確かにそうなのですが、しかし、だからといって「ミュートの人」というイメージで終わらせてしまうのは、あまりに勿体なさすぎる!

だって、マイルスのオープンで吹かれるトランペットだって、かなり良いですよ。

重たく鈍い、鉛色の味わい。

これと同じニュアンスを出せるトランペッターって、たぶん他に誰もいないんじゃないかと思います。

もちろん《テンパス・フュージット》のようなアップテンポのオープンラッパにも痺れますが、バラードも、それに負けず劣らずの表現力。

特に私はブルーノートにマイルスが吹き込んだ《アイ・ウェイテッド・フォー・ユー》が大好きです。

ミュートプレイのトレードマークとでもいうべき有名な演奏、《ラウンド・ミッドナイト》よりも大好き。

もちろん《ラウンド・ミッドナイト》も良いのですが、あのメリハリがありすぎるアレンジと表現は、慣れると、あざとさも感じてしまうこともあるんですよね。

ちょっと演出過剰というか。

それに比べれば、「ただ吹いている」だけな、若き日の《アイ・ウェイテッド・フォー・ユー》の方が断然良い。

素朴だけれども、深〜いのです。

記:2016/09/03

ジャズ

Posted by