音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

バルディエル(エヴァンゲリオン3号機)再塗装レポート

バルディエル(エヴァンゲリオン3号機)再塗装レポート

バルディエル、塗り直します!

エナメル塗料の黒と白(つや消し)で塗り分けたバルディエル(エヴァ3号機)。

しばらく飾って眺めていたんですが、なんだか味も素っ気もない感じがしてきたんで、塗り直すことにします。

取りあえず、分解できるところまでパーツを分割。

どんな色に塗るかはこれから考えますが、気色悪い色にしようかなと考えています(笑)。

マホガニー色のサフ吹き

エヴァ3号機(使途バルディエルに乗っ取られたバージョン)を各パーツに分解したものにマホガニーのサーフェイサーを吹きました。

さて、何色に塗ろうかな。

不気味な色にしたいんだけど、何色にすれば不気味になるかな。

パープルで下塗り

マホガニーのサーフェイサーを吹いた後、ミスターカラーのパープルでさらに下塗りをしました。

薄めたパープルにリターダーを混ぜて、平筆でサッとひと塗り。

相変わらず、バカの一つ覚えっぽい紫ですが、最近パープルで塗るのが楽しくて。

ミスターカラーのパープル、塗りやすいんですよね。

隠ぺい力ある上に発色が良い。

しかも、一回筆でさらっと塗るだけでも、かなり覆いかぶさるように下地が隠れてくれる。

なかなか塗っていて楽しい塗料なのです。

そして、塗料が乾いた後にパーツを組んでみると、こんな感じ。

紫色のエヴァといえば、やっぱり初号機のイメージが強いのですが、頭のカタチが違うと初号機には見えないもんですね。

やはり初号機を初号機たらしめているのは頭のカタチや前方斜めに大きく突き出たツノなんだなぁと逆に初号機以外のエヴァを紫色に塗ることで分かりましたね。

LMHG エヴァンゲリオン初号機 (新世紀エヴァンゲリオン)LMHG エヴァンゲリオン初号機 (新世紀エヴァンゲリオン)

ごちゃまぜ塗装

エヴァ3号機(使途バルディエルにのっとられたバージョン)、紫で下塗りした各パーツの上に、フィールドグレーを薄~く塗りました。

で、乾いたら、さらにビショビショに薄めたジャーマングレーとダークグリーンをランダムに塗りつけました。

で、さらに乾いたら、いったん組んでみました。

ミリタリー色強いカラーになってきましたね。

ごちゃまぜ塗装

ごちゃ混ぜ塗装継続中。

紫、赤、黄色、ジャーマングレー、オリーブドラブ、ダークグリーンなどなど、ランダムに色をのせています。

なんだか絵を描いているような気分です。

オレンジとマホガニーをスミイレ

エヴァンゲリオン3号機(バルディエル)にスミイレをしました。

オレンジとマホガニーのミックスをしゃぶしゃぶに薄めたもの。
ラッカー系の塗料です。

もはや色からして「スミ」ではないのですが。

既に塗ってある下地の色が溶けだしたりしているので、あまりメリハリがついていませんが。

さらにいろいろな色のせ

エヴァ3号機に、さらに赤、緑系の色を乗せました。

で、いったん分解したパーツを組み直してみると、こんな感じ。

なんだか爬虫類みたいですな。

仮面ライダーアマゾンや、ストIIのブランカがリアルに存在していたら、このような色味になるんでしょうかね(恐)。

フラットクリアの吹き付け

めちゃくちゃな色彩で塗装したエヴァ3号機の各パーツに、タミヤのフラットクリアを吹き付けました。

満遍なくいきわたらせるために、1回吹いては30分休憩、再び吹いては20~30分休憩。

これを数回繰り返したら、御覧のとおり、しっとりとした感じになってくれました。

で、組んでみたら、こんな感じ。

最初は仮面ライダーアマゾンみたいな水棲獣っぽいイメージにしたかったんですが、こりゃどうみても仮面ライダーだとすると、仮面ライダーシンのほうに近いかもしれませんね。

なんだか、すでにもうエヴァの域を超えた「獣」になっています。
┐(-。ー;)┌

バフとライトグレーをドライブラシ

全体にドライブラシをかけました。

使用した色は、タミヤのエナメル系塗料のバフとライトグレーです。

各パーツに平筆で軽くシュッ・シュッと擦りつけます。

場所によって力加減やスピードを変えてメリハリをつけてみました。

タミヤカラー エナメル XF-57 バフタミヤカラー エナメル XF-57 バフ

タミヤ エナメル塗料 XF-66 ライトグレイタミヤ エナメル塗料 XF-66 ライトグレイ

ポイントとなるパーツを赤で塗装

エヴァ3号機、もう少しメリハリが欲しかったので、脚部の装甲と肩のパーツ、そして背中のハッチを赤で塗装しました。

赤に艦底色とフラットベースを混ぜたものを塗りつけ、ライトグレーでドライブラシ。

その後、ボディに取り付けました。

背中のハッチを赤にすることで、メリハリが付きました。

肩の赤パーツを取り付けます。

上半身、横からアップで見ると、こんな感じ。

最初は生物っぽかった3号機も、少しずつ兵器っぽくなってきましたね。

腕に黄色い帯を塗装

エヴァ3号機、ぼんやりした色彩にメリハリをつけるために、何か所か暗い赤で塗装したのですが、やっぱりなんだか暗い感じはぬぐえないので、もう少し明るい色を塗ろうと思い立ちました。

で、やっぱり黄色♪

エヴァ3号機の上腕筋を黄色で塗りました。

本来は白いラインがはいる箇所ですね。

使用した塗料は、タミヤのアクリル塗料のフラットイエローです。

一回の塗装で、ほぼ完了。

すばらしい隠ぺい力です。

正確には2回塗りましたが、2度目の塗装は、端っこを調整するために塗っただけ。

アクリル塗料の黄色は、発色がよくてなかなか重宝しています。

タミヤカラー アクリルミニ XF-3 フラットイエロー つや消しタミヤカラー アクリルミニ XF-3 フラットイエロー つや消し

腕を取り付け

上腕筋の箇所に黄色い帯を塗装したエヴァ3号機の腕を本体に取り付けました。

最初は野獣な感じが漂っていたエヴァ3号機の塗装ですが、赤と黄色のアクセントを加えることで、一気にミリタリー感が増してきた感じです。

ドイツっぽい感じ?

いや、マシーネン・クリーガーのヒューマノイド型無人邀撃機・グローサーフントみたいな感じかな?

ハセガワ マシーネンクリーガー ヒューマノイド型 無人邀撃機 グローサーフント 1/20スケール プラモデル MK05ハセガワ マシーネンクリーガー ヒューマノイド型 無人邀撃機 グローサーフント 1/20スケール プラモデル MK05

エヴァとグローサー、猫背なところが似ているのかな?

ついでに、もういっちょ!

お魚くわえたドラ猫を追いかけるサザエさんみたいですね。

ウェザリングマスターでお化粧

エヴァンゲリオン3号機(バルディエル)のボディ各所をタミヤのウェザリングマスターを塗りつけてお化粧しました。

主に使用した色は「オイル」。

ほかに、「アカサビ」も、ランダムに塗りつけています。

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.88 ウェザリングマスター D (青焼け) 87088タミヤ メイクアップ材シリーズ No.88 ウェザリングマスター D (青焼け) 87088

ウェザリングマスターCセット アカサビウェザリングマスターCセット アカサビ

完成!

エヴァ3号機、使途バルディエルに乗っ取られて暴走状態になった機体が完成しました。
(・∀・)b

アップでがんす。

がお~!
睨まれたら怖いっす。

エントリープラグを挿入する背中の箇所です。

兵器なんだか生物なのだかよく分かりません。

初号機を襲っているところです。
w(゚o゚)w

間近でこんな戦いが展開されたらおっかないだろうな~。

随分昔に買い、押入れの中で眠っていたプラモでしたが、なかなか楽しめました。

記:2016/11/29

関連記事

>>エヴァ3号機(第13使徒バルディエル)制作レポート
>>エヴァンゲリオン3号機改修レポート

模型カテゴリの最新記事