カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

人生こんなに甘かった/柏木孝彦

      2016/12/14

Pocket

小学生の息子の愛読書。
それは、『人生こんなに甘かった』。

潜在意識のことを「センちゃん」というキャラクターに当てはめて面白おかしく語っています。

で、息子、学校の読書の時間にこの本を読んでいたら、 「そんなわけないでしょ!こんな本読むのやめなさい!」 と担任に怒られたそうな。

今も昔も、つくづく学校のセンセーってのは ドリームキラーだな~と思う。
┐(´д`)┌

記:2010/09/23

 -

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。