カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

1千万円の金貨が目の前で落札

      2016/02/01

Pocket

coin

今日はすごい光景を見てきてしまいました。

半蔵門の東京FMホール。

ここで、今日は財務省主催の金貨のオークションがあったのです。

財務所が保有する3万枚近くの近代金貨。

近代金貨というのは、明治4年から昭和7年まで製造された金貨のことをいうんですけど、これは戦後一時期、GHQに接収されたんだけれども、また戻ってきて、今回、財務省が売りに出すことになったのですね。

一度にオークションに出すことはムリなので、今日は、1100枚近くのオークションです。

幻の金貨と呼ばれる昭和5年や、昭和7年の極美モノなんて、エスティメイトが500万から1000万円。

あ、エスティメイトというのは、落札予想価格のことなんですが、いきなり、500万とか600万とかからセリがスタートするわけですよ。

もっとも、そればかりではなく、15万とか、30万からスタートする金貨もあるんですが、それにしたって、単位が桁ハズレです。

「80万、82万、84万!」

パドル(ウチワのようなカタチをしたプラカード)を上げる手が徐々に下がってきます。

「88万、88万、88万!」

とオークショナーが3回金額を唱えて、他にパドルを上げる人がいなければ、落札。

木槌がパーン!と打たれます。

ひとつの金貨にかかるオーククション時間は、1分前後。

サクサクと、ものすごいテンポで進められてゆくのです。

幻の金貨を1000万円で落札した人の笑顔といったら……。

会場に集まったのは、抽選で選ばれた300名。

抽選ってことは、それ以上に参加希望者がいたということで、それほど、日本には、コイン収集に何百万も、何千万もかけられるお金持ちが多いということですね。

もちろん、古物商やコイン屋さんも見えてはいましたが、来場者のほとんどが趣味でコインを集めている人だそうで。

ああ、コイン1枚に何百万もかけるのなら、

何百万もかけて、オールドベースを10本ぐらい買いたいなぁ、

なんて感じる私も、金銭感覚がちょっと狂っているのかもしれません…。

でも、オークションの雰囲気って独特です。

静かで熱い緊張感。

早口で飛び交うオークショナーの声。

そして、「カーン!」と心地よい木槌の音。

これが何百回と繰り返されるわけですよ。

息子を連れてくれば、きっと面白がっていただろうなぁと思いつつ、いけないいけない、平気で、20万単位で、値が上がってゆく光景を見たら、金銭感覚が麻痺しまくるぞ!と思った次第であります。

クルマや家なら分かりますが、コイン一枚に何百、何千万円のお金を費やすマニアたち。

日本はまだまだ広いなぁと痛感した一日でした。

お、そろそろ10分。

これから家に帰って、女房&息子とイタ飯屋に行きます。

……今日も牛ほほか?

記:2005/10/10

 - 雑想 雑記 , ,