カフェモンマルトル

text:高野雲

*

「週休3日制」になって嬉しい?

      2015/05/24

Pocket

Green24_12gatu20141123114330500

2020年の東京オリンピックに向けて、なんと、週休3日制の導入案が出ている模様。

どこから?

⇒文部科学省掲げる「夢ビジョン2020」から。

理由はよくわからないけど、ネットを徘徊していると、会社の休日が増えることに賛成というか、「給料減ってもいいから、週休3日にして欲しい」という意見が、けっこう多いということには驚きました。

もちろん反対派も少なくないんですが、もっと多いと思ってた。

「仕事が減った分、ヒマな時間が増えたところで、あんまり遊べないじゃん?!」

そう思ってしまう私は、「遊び=お金がかかる」という固定観念にガンジガラメにされているからかもね。

でも、旅行にしろ、パーティにしろ、ショッピングにしろ、飲み会にしろ、やっぱり楽しく充実した時間を過ごすのであれば、やっぱりお金は多いに越したことないし。

ヒマな時間は、YouTube見たり、HULUで過去の映画や番組みたり、ネットサーフィンしたりしてれば、それで満足だもんね~、じゃ、あまりにも貧しいというか淋しくないですかねぇ?

そんなに皆、仕事するのイヤかね?

そんなに働きたくないのかね?

仕事は好きだけど、ムカつく上司の顔は見たくないということなんかね?

パワハラやセクハラされんのはイヤだから、会社に行く日数は少なければ少なくほど良いという考えなんかね?

休みが増えたぶん、出勤の日に猛烈にしわ寄せがくるかもしれないということもイメージした上で言ってるのかね。

よくわかりませんが、
これから働く人がどんどん人口減ってく日本で、休み増やして働き手を減らすことって、いかほどのメリットがあるのかは、政策などに関しては素人の私にはよくわかりません。

ましてや、東京オリンピックに向けてでしょ?

東京周辺の小売店や飲食店って、けっこう大変になると思いますよ。

人手不足⇒だから、明日のシフトも入ってくんない?

⇒イヤでーす!だって週休3日、消化できないじゃないっすか~。

こーいう若者が増え、こーいう社員たちに頭を悩ませる管理職が増えちゃ運じゃないかな?

そういえば、ずいぶん昔ですが、柳沢きみおの『DINO』というコミックで、主人公の復讐相手の一人、樽屋英雄が、将来オレが(デパートの)経営者になったら、週休3日制にして、店員の接客クオリティをあげるんだ!みたいなことを言っていたことを思い出した。

それを聞いて、主人公のディーノが「何、こいつ、ただのお坊ちゃまじゃないぞ?!」と警戒するシーンもついでに思い出した。

やっぱりストレスたまる職業って、休みが多いほうが良いんですかね?

よくわからないけど。

記:2015/04/18

 - 雑想 雑記 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。